人文書のウェブサイト「じんぶん堂」 11月26日(火)OPEN

PR TIMES / 2019年11月27日 9時35分

朝日新聞社と出版各社、共同で運営

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、人文書を紹介するウェブサイト「じんぶん堂」( https://book.asahi.com/jinbun)を11月26日(火)にオープンしました。




[画像1: https://prtimes.jp/i/9214/772/resize/d9214-772-342644-5.jpg ]


 人文書が読まれなくなった、と言われています。しかし、AI(人工知能)が人間の知性を超えつつある今こそ、わたしたちは人文書を必要としているのではないでしょうか。

 そこで朝日新聞社は、発起人である晶文社、筑摩書房、白水社、平凡社とともに、人文書の魅力をより広い層の人たちに伝えるプロジェクトを始めます。その一環として、本に特化した朝日新聞社のバーティカルメディア「好書好日」( https://book.asahi.com/)内に、人文書の特設サイト「じんぶん堂」をオープンします。発起人の各社をはじめ、会員の出版社、書店などが、人文書の魅力を伝える記事を配信していきます。また、運営委員会メンバーで構成する「じんぶん堂企画室」によるオリジナル記事も発信します。今後は、イベントや書店フェアなども展開し、このプロジェクトを大きな広場に育てていく予定です。さらに多くの出版社にも参加を呼びかけてまいります。

じんぶん堂を始めるにあたって

 「人文知の時代は終わった」という声も聞こえてきますが、デジタル社会になっていくからこそ、人間が人間らしくあるために、 知ること、考えること、そして自分で判断して表現することの、いわゆる「人文知」がますます必要になってきています。
 私たち人文書を手がける出版社と朝日新聞社は、このサイトを通じて、みなさんにこう呼びかけたいと思います――
 人文書を手にとってみませんか? 世界の景色が少し変わるかもしれません。
                    じんぶん堂発起人 晶文社・筑摩書房・白水社・平凡社・朝日新聞社

【お問い合わせ】  
朝日新聞社 総合プロデュース室 メディア開発チーム じんぶん堂事務局
E-mail : jinbundo-support@asahi.com


*バーティカルメディア・プラットフォーム事業「ポトフ」について(補足)
 朝日新聞社は、趣味やテーマを深掘りする特化型の「バーティカルメディア」を、順次立ち上げています。
・ミレニアル女性の生き方をデザインする 「telling,(テリング)」  https://telling.asahi.com/
・「犬や猫をもっと幸せに」をコンセプトにした 「sippo(シッポ)」  https://sippo.asahi.com/
・ひとりの時間を楽しむ人向けの 「DANRO(ダンロ)」  https://www.danro.asahi.com/
・海外の旬な情報を提供する 「GLOBE+(グローブ・プラス)」  https://globe.asahi.com/
・人生を豊かにする本を紹介する 「好書好日(こうしょこうじつ)」  https://book.asahi.com/
・認知症当事者とともにつくる 「なかまぁる」  https://nakamaaru.asahi.com/
・大学スポーツをテーマにした 「4years.」  https://4years.asahi.com/
・若い女性の自己肯定感を高めることを目指す 「かがみよかがみ」  https://mirror.asahi.com/
・円満な相続をサポートする 「相続会議」  https://souzoku.asahi.com/

 これらはいずれも共通プラットフォーム「ポトフ」( https://pot.asahi.com/)上で運用しています。朝日新聞社は今後も順次、新たなバーティカルメディアを立ち上げる一方、各メディア編集部は同じ価値観を持つ人たちのコミュニティーづくりを目指していきます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/9214/772/resize/d9214-772-318852-4.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング