1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

信じよう、スポーツの可能性を。世界と戦うアスリートの可能性を引き出す、アディダス史上最大のプロダクトコレクション

PR TIMES / 2021年7月1日 19時45分

この夏のスポーツの祭典を祝い、17種目85種類*のパフォーマンスシューズを展開 2021年7月1日(木)より全世界同時発売

 アディダス ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ステイン・ヴァンデヴォースト)は、この夏のスポーツの祭典にて世界と戦うすべてのスポーツ、チーム、アスリートの可能性を引き出すスペシャルコレクョンを、アディダス直営店、アディダスオンラインショップ、アディダスアプリ、その他全国のアディダスランニング取扱店舗にて、2021年7月1日(木)より、世界同時発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-072c58d539530ed67faf-0.jpg ]

https://adidas.jp/sportscollection_ftw

 アディダスでは本コレクションを通して、「SEE SPORT RISE~信じよう、スポーツの可能性を。~」というキーメッセージを発信していきます。あらゆるスポーツ、チーム、アスリートがこの夏のスポーツの祭典に集結することを祝うとともに、改めてスポーツが重要であるという思いを表現しています。

<商品概要>

[画像2: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-a7aa8f1ebef8bd981bb8-1.jpg ]

 本コレクションは、アディダス史上最大の17種目85種類のパフォーマンスシューズがラインナップ。17種目のスポーツにわたるアスリートの各ニーズを考慮して作られ、アディダスが選りすぐったベストパフォーマンスとイノベーションを採用しています。カラーは、アディダスが歴史的なスポーツモーメントにおき伝統的に使用してきた大胆な配色 -鮮やかなソーラーレッドとホワイトに黒を入れた配色-で統一しました。この配色には、スポーツ競技のための最高峰のイノベーションを、大胆な色で発表してきたアディダスの伝統へのリスペクトと、現代のアスリートと過去のスポーツレジェンドたちをつなぐという思いが込められています。幅広い展開の本コレクションには、「BOOST (ブースト)」、「LIGHTSTRIKE PRO (ライトストライクプロ)」をはじめとした目的やパフォーマンスに応じたミッドソールテクノロジーに加え、「ENERGYRODS (エナジーロッド)」、「CARBON SPEEDFRAMES (カーボンスピードフレーム)」、「4D MIDSOLE(フォーディーミッドソール)」、など、アディダスが誇るパフォーマンステクノロジーが搭載されています。この夏、アスリートが自己ベストに挑戦するために必要なすべてのツールを提供します。


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/3301/table/775_1.jpg ]


<シューズ>
■adidas 4DFWD

[画像3: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-6faae7ebc9978f6bc15f-2.jpg ]

アスリートのデータに基づき、「Carbon Digital Light Synthesis™TM テクノロジー」によって高精度に調整された3Dプリント技術を用いて創り出された新次元のミッドソールを採用したランニングシューズ。長年にわたり蓄積したアスリートのデータを基に、独自の3Dプリントを用いて生み出された4DFWDは、新しいランニング体験をランナーにもたらします。

■ULTRABOOST 21

[画像4: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-3ff9a63b56b14ee48a64-3.jpg ]

従来よりも6%増えたBOOST、蹴り出しの力を高めるLEP(Linear Energy Point)とPRIMEKNITフォージドアッパーが動きやすさを実現。

■ADIZERO ADIOS PRO 2

[画像5: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-0dd301dcfd5a352078c9-4.jpg ]

世界最速を追い求めるエリートランナーの協力を得て、進化したテクノロジーを搭載した一足。新記録や自己ベストを目指すランナーに捧げる一足。トップアスリート向けランニングシューズを常に進化させたいという、アディダスの野心的な目標の象徴です。世界最速クラスのアスリートたちと共に、デザインや開発、調整を行った結果、従来モデルよりも軽量化されました。

■ADIZERO BOSTON 10

[画像6: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-36f7d59050b68a2c4be4-5.jpg ]

反発力と推進力をもたらす新たなテクノロジーによって、全速力を引き出すための進化を遂げた一足。自己ベスト更新のために。レース本番のように、日々の走りでも全速力を引き出します。ADIZERO ADIOS PRO 2が備えているレース本番向けの優れた特徴を踏襲しながら、日々のトレーニングなど毎日のランニングにも使える一足。

■AVANTI SPIKE

[画像7: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-76c46474de0540bf34d2-14.jpg ]

グラスファイバー素材を用いたENERGYRODSを初搭載したトラック用スパイク。世界記録更新に使用された実績のある、ロードランニングシューズの優れた特徴を初採用。スピード重視の設計で、5,000mや10,000mのレース着用を想定。剛性を強化しただけでなく、トラックに適した柔軟性も備えていることが特徴です。

■ADIZERO PRIME X

[画像8: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-c093a068c7fe868cafdc-6.jpg ]

アディダスの技術革新を象徴する一足。ルールブックに捉われず、未来のテクノロジーの在り方を予見し、エリートランニングのテクノロジーに限界がないことを示したコンセプトモデル。ADIZERO ADIOS PRO 2の特徴を惜しみなく加えてデザインを強化。ミッドソールを50mmのヒール高にて採用。バネのような反発力をもたらすブレードENERGYRODS/ ENERGY BLADESを採用。

■ADIZERO JAPAN 6

[画像9: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-eb3cbe2a3d7823527f22-15.png ]

▼着用予定選手
 安部孝駿選手
ADIZEROのレガシーを受け継ぎながら、快適性・推進力・安定性の向上によってさらなる万能性を追求した一足。0.01mmまでこだわりぬいたアディダス独自のマイクロフィットがエナジーロスを可能な限り抑えつつ比類なき快適性を実現。足と一体となって、あらゆる場面で自分の走りを引き出す、ベストバランスマルチランニングシューズです。

<アパレル>
■HEAT.RDY

[画像10: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-56ebf489b78bf942c38d-7.jpg ]

暑さの中でも軽快に走れるクルーネック ランニングTシャツ。涼しい着心地を保つ、この通気性に優れ、涼しい着心地をキープ。通気を促し肌から汗を素早く取り去る、HEAT. RDYファブリックを採用。

■MARATHON JKT
(マラソンジャケット)

[画像11: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-597c8bc629dca6eccf85-8.jpg ]

運動後のリセットにぴったりの、通気性に優れたジャケット。
高性能リサイクル素材シリーズの一つ、PRIMEGREENを採用したアイテム。


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/3301/table/775_2.jpg ]


ADIZERO AFTERBURNER 8着用
[画像12: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-fef3dbd8a313b4259878-11.jpg ]



野球・山田哲人のコメント

「今シーズン着用しているアフターバーナー8に新しいカラーが出ること嬉しく思います。僕も気に入っているモデルなので、皆さんもこれを履いてスポーツを楽しんでくれたら嬉しいです」


FIVE TEN HIANGLE着用

[画像13: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-0453f21bc72528f729e8-10.jpg ]



スポーツクライミング・野中生萌のコメント

「私が愛用してるハイアングルがこの白黒カラーで登場し、大変気に入っています。アディダスファミリーの一員として、このコレクションを着用して夢の舞台に臨みます。」


コレクションリードデザイナー
「Liz Callow(リズ・カーロウ)」のコメント
 スポーツとは健全な競争を奨励し、人々が信じられないことに挑戦し、歴史を作ることを目の当たりにできるというのが、アディダスの信念です。このフットウェアコレクションを通じて、私たちはこの考えを広めていくことに、新たな始まりを感じながらも、過去の歴史にも敬意を表したいと考えました。ブランドとして、私たちが伝統的に使用している色である赤のディテールから生まれる一体感と、最高峰のパフォーマンス・イノベーションを示すことで、これまで以上にコミュニティが大切であると表現したいと考えています。アスリートが勝利し記録を更新することに関係なく、真の勝者とは、再び集まってスポーツを楽しむことができるアスリートとファンなのです。

グローバル バイスプレジデント スペシャリスト スポーツ
「Celine DelGenes(セリーヌ・デルジェネス)」のコメント
 スポーツ競技におけるアディダスの歴史を通して、多くのアスリートの目標達成をサポートしてきたことを誇りに思います。この1年人々は様々な問題に直面しましたが、アディダスとしてこの夏も変わらず、パフォーマンス イノベーションのエキサイティングな製品を紹介します。私たちが目指すのは、アディダスと提携している素晴らしいアスリートたちが、彼らのために開発された製品を通じて競技における不可能を乗り越えることです。彼らがそれを実現することで、私たちに刺激を与え、一人ひとりの人生、コミュニティ、そして広い社会においてさまざまな可能性があることを教えてくれるのです。


[表3: https://prtimes.jp/data/corp/3301/table/775_3.jpg ]


・アディダス ブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK・渋谷
・アディダス ブランドコアストア各店
・アディダス オンラインショップ
・adidasアプリ「adiCLUB」
・その他 全国のアディダス取扱店舗


[表4: https://prtimes.jp/data/corp/3301/table/775_4.jpg ]


■adiCLUB会員向けキャンペーン
該当製品2点購入で、抽選にてモバイルプロジェクター(約5万円相当)を10名様にプレゼント。
実施期間  :2021/7/1- 2021/7/22
条件    :キャンペーン該当商品を2点、合計5000円以上購入
当選発表  :当選者へメールで配信 (7/29までにご連絡いたします)
対象店舗  :アディダス オンラインショップ、アディダス アプリ、
       全国のアディダス直営店(FACTORY OUTLETを除く)

■アスリートの記録に挑戦、スピードチャレンジ!

[画像14: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-0a22291b913c3b34c52d-12.png ]


対象店舗にてアスリート記録に挑戦しよう。
実施期間:2021/7/1- 2021/8/11(アディダス ブランドセンターRAYARD MIYASHITA PARK・渋谷)
2021/7/12-8/11(アディダス ブランドコアストア 新宿
内容:スピードランニングチャレンジ/スピードタッチチャレンジ ( *RAYAD MIYASHITA PARKのみ)

■最短1分!最適シューズ診断で自分に合うアディゼロを選ぼう。
実施期間 :2021/7/1- 2021/8/31 
[画像15: https://prtimes.jp/i/3301/775/resize/d3301-775-66b85b3d0930b298697b-13.jpg ]

実施対象店舗:
・アディダス オンラインショップ
・アディダス ブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK ・渋谷
・アディダス ブランドコアストア 各店
・ステップスポーツ、スポーツデポ、アルペン、スポーツオーソリティ、スーパースポーツゼビオ、ヴィクトリア、ヒマラヤスポーツ、その他 全国のアディダスランニング取扱店舗
内容  :設問に答えるとお客様に最適なADIZEROシリーズがわかる診断コンテンツ
URL  : https://adizero-shindan.com/adidas

一般のお客様からのお問い合わせ先
アディダスお客様窓口 TEL:0570-033-033 営業時間:月~金 9:30~18:00
※通話料はお客様のご負担となります。予め、ご了承ください。
※品質向上のために通話内容を録音させていただいております。

(C)2021 adidas Japan K.K. adidas and the Badge of Sport are registered trademarks of adidas.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング