サービスとしてのエネルギー市場ータイプ別(省エネ、エネルギー貯蔵、エネルギー生成)、エンドユーザー別(商業、住宅)、地域別 - 世界予測ー2025年

PR TIMES / 2021年1月13日 8時45分

Kenneth Researchは調査レポート「サービスとしてのエネルギー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2021年01月 11日 に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10169103



[画像: https://prtimes.jp/i/59861/776/resize/d59861-776-987098-0.png ]

サービスとしてのエネルギーには、エネルギー、技術、分析、グリッドへの評価、およびパーソナライズされたサービスの販売が含まれます。

分散型エネルギー資源(DER)の増加、エネルギー効率化プロジェクトの税制上の優遇措置、公益事業の新しい収益創出の流れは、成長を牽引するいくつかの要因です。また、再生可能エネルギーの発電および貯蔵ソリューションのコストの削減も市場の成長に貢献しています。市場は、再生可能エネルギーの潜在力の高まり、価格の変動、およびエネルギー消費の増加が成長を促進する他の重要な要因によって推進されています。組織は徐々に持続可能なエネルギー源を探しています。これは、予測期間中の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

サービス市場の概要としてのエネルギー:
サービス市場としてのエネルギーの市場成長を推進する要因のいくつかは、エネルギー消費と価格変動の増加、および再生可能エネルギーの可能性の増大です。企業はますます持続可能なまたは再生可能なエネルギー資源を探しています。統合と展開の課題、および既存の集中型実用新案の優位性は、予測期間中の市場成長を妨げると予想されるいくつかの要因です。

市場セグメンテーション洞察


タイプ別: 省エネ、エネルギー貯蔵、エネルギーの創造などによって分割されます。

エネルギー貯蔵セグメントは、主に市場の成長に貢献しています。省エネセグメントは、2019ー2025年の予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。


エンドユーザー別:商業、 居住などによって区分されます。

商業セグメントは2019年に大きな市場シェアを保持すると推定されており、この傾向は2019ー2025年の予測期間中も継続します。

また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

サービスとしてのエネルギー市場のいくつかの主要ベンダー:


シュナイダーエレクトリック
ゼネラルエレクトリック
シーメンス
ジョンソンコントロールズ
ハネウェル
エンジー

このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のサービスとしてのエネルギー市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

北米は2019年に世界のEaaS市場の最大のシェアを占めています。
エネルギー効率の高い建物に焦点を当てている多くの建築技術ベンダーは、予測期間中に市場をさらに支配すると予想されます。この地域の多くの企業は、エネルギー効率の高いモデルの強化と、ニーズに応じたエネルギーの供給/消費のコスト削減に注力しています。アジア太平洋地域は、大企業の顧客基盤の増加により、最も速い成長率を目撃すると予測されています。

サービスとしてのエネルギーの概念は通常、アジア太平洋地域では新しいものですが、エネルギーは依然として政府にとって重要な要素です。同様に、発電用の化石燃料の枯渇は、市場の成長を促進すると予想される主要な懸念事項です。EaaS市場の成長は、グリーンビルディングの概念を強化することが期待されており、政府からの適切なサポートは、使用量に基づくエネルギーの計測につながります。

地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/energy-as-a-service-market/10169103

Kenneth Research会社概要
Kenneth Research 、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング