プロの世界が身近になる脚本家養成講座『Aquilon Akademia Audition』を7月より開講<受講料無料>

PR TIMES / 2014年6月30日 15時21分

デジタルハリウッド大学院では、本学の修了生である小関章ラファエル氏(クリエイティブ・ブランド『Aquilon』主宰)と大矢亮一氏(株式会社コンディションイエロー代表取締役)による、ドラマCD製品化プロジェクトの発足に伴い、今後のメディアミックス戦略の要となる脚本家の発掘・育成講座を開講いたします。
素材として『Aquilon』が創作するドラマCD『Quad Cross』シリーズを使用し、同作品の主人公である少女4人に成りきり、Twitterアカウント及びFacebookアカウントを使って主人公たちの日常を物語り、如何に人を惹き付けられるキャラクターを演じられるか、という試みを通してプロの脚本家として必要な技術や知識を身につけるという一風変わった講座内容となります。



 日本初の株式会社による専門職大学院として、開学10周年を迎えるデジタルハリウッド大学大学院では、「ビジネス」「クリエイティブ」「ICT」3要素の融合をコンセプトとして、社会に新しい産業や文化を生み出す人材を輩出しております。

 この度、本学のデジタルコンテンツマネジメント修士課程修了生である小関章ラファエル氏(クリエイティブ・ブランド『Aquilon』主宰)と大矢亮一氏(株式会社コンディションイエロー代表取締役)による、ドラマCD製品化プロジェクトが発足いたしました。プロジェクトの発足に伴い、今後のメディアミックス戦略の要となる脚本家の発掘・育成講座を開講いたします。

 『Quad Cross』とは、小関章ラファエル氏が原作を手がけるドラマCDシリーズ。広大な敷地にあるブロッサムベリー大学付属女子高等学校を舞台に、その寮生である主人公の少女4人が、ミステリアスな大学生:告文(つげふみ)・ガブリエルとの邂逅をきっかけに、それぞれが持つ異能の力に目醒めて行く。やがて少女たちに訪れる絶体絶命の窮状から、異能の力を武器に、相手を思いやる友情を育み、力を合わせて仲間を救う物語です。

 制作にはProduction I.Gプロデューサー時代に『獣の奏者エリン』『君に届け』『戦国BASARA』『ギルティ・クラウン』、自らが共同創業者で代表を務めるWIT STUDIO(Production I.G-IG Port-グループ)にて『進撃の巨人』『鬼灯の冷徹』などのビックタイトルをプロデュースする和田丈嗣氏。

 オンラインでの流通・販売にはインディーズ・ゲームのダウンロードを中心に世界で14万人以上の登録者を擁するコミュニティ『PLAYISM』を運営し、ゲーム・アニメのローカライズ事業を手掛ける株式会社アクティブゲーミングメディア。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング