1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

凸版印刷、「第23回自動認識総合展」に出展

PR TIMES / 2021年9月30日 13時15分

バリューチェーンのDXを「製造現場」と「サプライチェーン」の2つの場面に分けてそれぞれに最適なソリューションを紹介

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、2021年10月6日(水)から10月8日(金)に開催される「第23回自動認識総合展」(会場:東京ビッグサイト)に出展します。



 凸版印刷ブース(南3・4ホール、小間番号A-51)では、「Erhoeht-XTM(エルヘートクロス)で拓く 未来志向のトッパンIDソリューション」をテーマに、バリューチェーンのDXを「製造現場」と「サプライチェーン」の2つの場面に分けて、それぞれに最適なDXソリューションをワンストップで提案する展示を行います。
 製造業向けでは、ICタグやセンサーによる業務効率化や省人化、工場自動化などの体験型展示を行います。流通・物流業向けでは、プロジェクションマッピングを応用したピッキングの効率化や、部品補充・棚卸の自動化などを、デモンストレーションで分かりやすく紹介します。
 また、出展社プレゼンテーションでは、「製造DXソリューション「NAVINECT(R)クラウド」のご紹介」というタイトルで、セミナーに登壇予定です。なお、本展示会の終了後、2021年10月11日(月)~11月10日(水)には、オンライン展示会を独自開催します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/33034/784/resize/d33034-784-b2000a161ac181257447-0.jpg ]


■ 主な展示内容
(1) 製造業向け
・NAVINECT(R)クラウド
 「NAVINECT(R)」は凸版印刷の自社製造拠点で長年行われてきたデジタル化の中で生み出された数々のシステム・ノウハウを活用し、製造工程のデジタル化による生産性向上、品質向上、作業効率化を実現するソリューションです。自社製造拠点での20年に渡るデジタル化で培ったデジタル技術力、システムコーディネート力、セキュリティ管理力を集結させたことで、多業種・多業界の製造現場の異なる課題に対して、課題発見から運用までトータルにサポートできます。
 凸版印刷ブースでは、「在庫管理」「生産点検」のデモンストレーションを実際のアプリケーションを使って展示します。また、NAVINECT(R)クラウドにつながる装置データの自動取得については、「ZETA」「重量計」「デジタルノギス」のデモンストレーションで紹介します。

・SDNECT(R)
 「SDNECT(R)」とは、メーカーとサプライヤー間の電話・メール・FAXなどで行われる調達業務をクラウドで一元化できる、企業間調達支援プラットフォームです。調達業務において発生する詳細な調整や例外処理では、電話やFAXなどが併用されていますが、「SDNECT(R)」の導入により、資材調達業務時に発生する納期や数量変更の対応や、電話・メールなどのコミュニケーションをクラウド上で一元管理し、ペーパーレスとテレワークに対応します。
 凸版印刷ブースでは、映像で、調達業務の効率化による発注業務を電子化するためのソリューションを紹介します。

(2) 流通・物流業向け
・プロジェクションピッキングシステム(R)(PPS)
 凸版印刷が子会社化した株式会社アイオイ・システムのPPS(2020年自動認識システム大賞「特別賞」受賞)は、プロジェクションマッピング技術とセンサー、画像処理技術を駆使して開発したピッキング支援システムです。具体的には、プロジェクターを使い、表示器の設置が困難だった棚やラック、床面や壁面に品名、数量、商品画像、QRコード等多彩な情報を直接投影します。物流現場や生産現場で、棚から商品や部品を取り出す際に利用します。ピッキングミス(ポカミス)を防止するための機能(ポカヨケ)を搭載しているので、正確かつスピーディーなピッキング作業を実現することができます。
 凸版印刷ブースでは、実際に一連のデモンストレーションを行い、物流工程全体の合理化と社会的コストの低減方法を紹介します。

(3)テーマ展示「未来をつなぐAUTO-ID」主催者企画
・複数の異種ロボットを一元制御するデジタルツイン・ソリューション「TransBots™」
 「TransBots™」とは、Virtual Reality(以下 VR)技術とComputer Vision(以下 CV)技術を活用し、複数の異なる種類のサービスロボットを一元管理・制御するデジタルツイン・ソリューションです。
本ソリューションでは、実際の展示会や会場等の実空間と、それを再現したVR空間をリアルタイムに連動し、複数ロボットの一元管理・協調制御を行います。
 「TransBots™」は、展示場内の<未来をつなぐAUTO-ID>の一部エリアで、テレプレゼンスロボットの走行デモンストレーションとライブ配信で紹介します。

■ セミナー情報

[表: https://prtimes.jp/data/corp/33034/table/784_1_155d1d306e349c0f27d2cec99a09e232.jpg ]



■ オンライン展示会「TOPPAN Auto-ID 2021 秋」について
名称: TOPPAN Auto-ID 2021 秋
会期: 2021年10月11日(月)~11月10日(水)
参加方法: PCまたはスマートフォンで下記URLよりアクセス
URL: https://exh.t-norte.com/shoudan/autoid-onlinetwo
主催: 凸版印刷株式会社 DXデザイン事業部 事業推進センター
* 凸版印刷のオンライン商談会プラットフォーム「NORTE Exh(ノルテ エキシビション)」を活用しています。

■ 「Erhoeht-X™(エルへートクロス)」について

[画像2: https://prtimes.jp/i/33034/784/resize/d33034-784-2164172fb9096ae603cc-1.png ]


 「Erhoeht-X™(エルヘートクロス)」とは、凸版印刷が全社をあげ、社会や企業のデジタル革新を支援するとともに、当社自体のデジタル変革を推進するコンセプトです。
 「エルヘート」は、当社創業の原点である当時の最先端印刷技術「エルヘート凸版法」から名付け、語源であるドイツ語の「Erhöhen(エルホーヘン)」には「高める」という意味があります。
 凸版印刷は、これまで培ってきた印刷テクノロジーの更なる進化とともに、先進のデジタルテクノロジーと高度なオペレーションノウハウを掛け合わせ、データ活用を機軸としたハイブリッドなDX事業を展開し、社会の持続可能な未来に向けて貢献していきます。


* 「QRコード」は(株)デンソーウェーブの登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以  上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング