『タワー オブ アイオン』 400人が死闘を行うPvPコンテンツ「パンゲア」OBT開催

PR TIMES / 2014年12月5日 17時11分

~新コンテンツ実装前に魅力を体験してみよう~

PC向けオンラインゲーム『The Tower of AION(以下、タワー オブ アイオン)』をサービス、運営するエヌ・シー・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:金 澤憲(キム テクホン))は、2014年12月7日(日)午後10時より、今後実装が予定されている「パンゲア」の第3回OBT(※1)を実施いたします。



PC向けオンラインゲーム『The Tower of AION(以下、タワー オブ アイオン)』をサービス、運営するエヌ・シー・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:金 澤憲(キム テクホン))は、2014年12月7日(日)午後10時より、今後実装が予定されている「パンゲア」の第3回OBT(※1)を実施いたします。

「パンゲア」は各サーバー/勢力からそれぞれ100名の精鋭ディーヴァを集め、最大400人という大規模RvR(※2)を行うことができる、他のMMORPG(※3)と比べて珍しいシステムです。各勢力はパンゲアに要塞を所持しており、これを攻略することが敵対勢力の目標になります。最終的にパンゲアを制した勢力は、要塞戦の報酬に加え、「アントリラクシアの覚醒地」という特別なインスタンスダンジョン(※4)に挑戦できる権利を得ます。

「パンゲア」正式実装の前にチューニング作業の必要があり、お客様のプレイ状況や、サーバーの稼働状況を観察し、安定的で適切なサービスを提供する為に今回、OBTを開催する運びとなりました。参加申請などの必要はなく、条件を満たしているキャラクターを使用されている方は誰でも参加できますが、参加人数に限りがありますので、ご参加いただける方はお早めにご準備ください。

『タワー オブ アイオン』はこれまで、“A-Station”や“ドレドギオン”等、異なるサーバーのプレイヤー同士で遊べるコンテンツを積極的に盛り込んできましたが、今後の新コンテンツにご期待ください。

※1 OBT(オープンベータテスト)はゲーム正式サービス前の最終テスト段階として、参加を希望した方にサーバーを開放して行われるテストプレイ。
※2 集団対集団で対決すること。
※3 Massively Multiplayer Online Role-Playing Game(多人数同時参加型オンラインRPG)の略
※4 限定された空間に入場したプレイヤー達だけで利用できるダンジョン。参加人数や時間の制限が設けられている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング