黄金町、渡鹿野島、沖縄、秋葉原、フィリピン、タイ、シンガポール、マレーシア、チリ…10年以上をかけ、夜の街を行脚し続けた著者が女たちの日本史を紡ぐ。現場ルポの決定版『娼婦たちから見た日本』絶賛発売中!

PR TIMES / 2014年7月11日 15時16分

角川書店ブランドカンパニー

人の寂しさは、人でしか救うことが出来ない――。
もの言わずに、日本各地の売春街から消えていったじゃぱゆきさんや、日本人娼婦たち。日陰に生きる彼女たちは、社会の弱者でもある。彼女たちの身に起ったことは、次に私たちに起ることである。
彼女たちは、日本人をどのように見てきたのか?そして、日本社会をどのように捉えてきたのだろうか?
黄金町、渡鹿野島、沖縄、秋葉原、フィリピン、タイ、シンガポール、マレーシア、チリetc.
10年以上をかけ、夜の街を行脚し続けた著者が、女たちの日本史を紡ぐ。現場ルポの決定版!!
――灰色の街に、彩りを娼婦たちは与える。



上原善広氏 推薦!!
「性風俗や娼婦については幅広く出版されているが、日本からマレー半島、南米までを理屈抜き、徹底した現場主義を貫いたルポは珍しいだろう。本書はまさに『娼婦巡礼』の旅である」


<本書に登場する娼婦たち>
●黄金町の盛衰を見つづけた外国人娼婦 
●沈みゆく島で信仰とともに生きるタイ人娼婦
●国策に翻弄されたからゆきさんと、じゃぱゆきさん
●ジャパーニーズドリームの体現者・アニータのいま
●沖縄、フィリピン、タイ。基地の町でネオンに当たり続ける女たち
●無自覚に“お散歩JK”に入っていく秋葉原の少女

<本書の収録内容>
プロローグ――空気のように、常に娼婦たちはいた
 →歴史の陰に置かれた女たち、娼婦。しかし、彼女たちは常にいた。娼婦との初めての邂逅から旅の始まりを
  描く。

第一景 売春街は死に、外国人娼婦は溶けた――神奈川県横浜黄金町
 →開国以来、色街と縁の深かった横浜。そこで外国人娼婦がずらりと並んで春を売っていた街があった。
  黄金町である。江戸時代から戦前、そして平成まで、黄金町の栄枯盛衰を辿る。娼婦が集った街の歴史から、
  日本が見える。

第二景 四百年の歴史を娼婦は灯す――三重県渡鹿野島
 →売春島と一時期インターネットや雑誌媒体で名高かった島。しかし、いまでは侘びしいものである。
  遊女の歴史と共に、いまの島で身体を張るタイ人娼婦を追った。

第三景 国策に娼婦は殺された――東南アジア、熊本県天草
 →“タレント”として日本への渡航を願う女性たち。ミンダナオ島はじめ、貧しい島から家族の期待を担って
  夜の世界に彼女たちは入っていく。かつては、日本人女性もじゃぱゆきさんとして翻弄されていた。
  明治維新後、じゃぱゆきさんに外貨獲得を頼った日本は、富国強兵後、“国家の恥”と彼女たちを切り捨てた。
  交錯する過去と今。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング