地域特産品に特化したクラウドファンディング「風土雲人(フードクラウド)」プロジェクト第2弾、山形県の“幻の米”で復興支援

PR TIMES / 2014年7月29日 10時34分

デジタルハリウッド大学院の修了生である松本大河氏と、松本氏の修了課題指導担当教授である海老根智仁教授は、松本氏が修士研究のビジネスモデルとして立案した、地域特産品に特化したクラウドファンディング「風土雲人 FOOD CLOUD(フードクラウド)」をビジネス化し、2014年4月2日にWebサービスの提供をスタート。
今回公開するクラウドファンディング・プロジェクトは、【山形・新庄発、米作りによる震災復興支援プロジェクト】。
現在は生産量が減ってしまい ”幻の米 ”とまで言われている山形県の在来種「さわのはな」を通じて、「もう一度、田植えがしたい!」と願う被災農家の生き甲斐を取り戻す復興支援プロジェクトです。



 日本初の株式会社による専門職大学院として、開学10周年を迎えたデジタルハリウッド大学大学院では、「ビジネス」「クリエイティブ」「ICT」3要素の融合をコンセプトとして、社会に新しい産業や文化を生み出す人材を輩出しております。

 修了生である松本大河氏と、松本氏の修了課題指導担当教授である海老根智仁教授は、松本氏が経営する「株式会社パイプライン」と、海老根教授が代表取締役会長を務める「株式会社レジェンド・パートナーズ」との合弁による「風土雲人株式会社」を設立。松本氏が修士研究のビジネスモデルとして立案した、地域特産品に特化したクラウドファンディング「風土雲人 FOOD CLOUD(フードクラウド)」をビジネス化し、2014年4月2日にWebサービスの提供をスタートいたしました。

◎Webサイト : http://foodcloud.jp/
◎Facebookページ : https://www.facebook.com/foodcloud.jp

 この度、「風土雲人」で公開するクラウドファンディング・プロジェクトは、【山形・新庄発、米作りによる震災復興支援プロジェクト】です。

 現在は生産量が減ってしまい ”幻の米 ”とまで言われている山形県の在来種「さわのはな」を通じて、「もう一度、田植えがしたい!」と願う被災農家の生き甲斐を取り戻す復興支援プロジェクト。土の温かさと実りに触れる喜びを、震災で田んぼを失った農家の皆さまにお届けします。

 クラウドファンディングによる支援に関心のある方は、下記サイトより会員登録(無料)の上、プロジェクト支援のページをご確認ください。

【風土雲人】 http://foodcloud.jp/

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング