1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「1秒でも速く」走りたいと願うすべてのランナーへ贈るバーチャルレース「TOKYO FASTEST 10K」10月24日(日)開催

PR TIMES / 2021年9月28日 20時45分

上位入賞者には抽選でボストンマラソン2022への出場権をプレゼント

アディダス ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ステイン・ヴァンデヴォースト)は、マラソン・駅伝シーズンに向けて日本中のランナーと最速を目指す「ADIZERO FASTEST PROJECT」の一環として、「TOKYO FASTEST 10K」を10月24日(日)に開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3301/796/resize/d3301-796-27cebedbcb0a533a32de-0.jpg ]

              https://shop.adidas.jp/running/adizero_adios_pro/

「TOKYO FASTEST 10K」は、アディダス ランニングアプリを通じて開催する、日本中のどこからでも参加可能な”最速の10km”を競うバーチャルレースです。スタート時間やコースは決まっておらず、参加者が自由な時間・コースで参加することができます。アディダス ランニングアプリ上で10kmのタイムを計測し、上位入賞者の中から抽選で3名にアメリカで2022年に開催予定の「ボストンマラソン2022への参加権」をプレゼント、3名へ「”最速”を追求するための商品サポート」をプレゼントいたします。

日本中でマラソン大会やロードレースの中止が相次ぐ中で、アスリートから市民ランナーまで「1秒でも速く」走りたいと願うすべてのランナーが、そのモチベーションを保ちながら各々の目指す「自己最速」という目標に挑戦する機会を、アディダスは提供し続けていきます。

本レースにはアディダス契約アスリートの岩出 玲亜選手や、ADIDAS RUNNERS TOKYOのキャプテンやコーチなど様々なランナーが参加予定です。また、”最速の10km”を走るためのヒントとしてランドスケープデザイナー
石川初氏など各分野の専門家の視点から、「最速を実現するためのコース」を発信していきます。
特設サイト及びアディダスSNSアカウントより順次公開してまいりますので是非ご注目ください。


TOKYO FASTEST 10Kレース要項

・開催日時:2021年10月24日(日) 0:00~23:59
・コース :参加者ご自身で10kmのコースを設定
・参加方法:スマートフォンアプリ「アディダス ランニングアプリ」内のイベントより登録。
URL   : https://adirun.app/1AU9
・受付期間:2021年9月28日(火)~10月24日(日)
・参加料 :無料
・特典 :1.「ボストンマラソン2022」参加権: 3名 
2.「”最速”を追求するための商品サポート1年分」: 3名
※レース参加者のうち上位入賞者の中から抽選にて選出。
※ボストンマラソン2022会場までの渡航費や宿泊費などは当選者のご負担となります。
※商品サポートは2022年1月~12月の間、4回に分けて商品をお渡しいたします。


ゲストランナー

アディダス契約アスリートであるプロランナーの岩出 玲亜選手もゲストランナーとして参加し、10kmの自己最速を目指します。自身のSNSやYoutubeにてトレーニングの様子や当日走るコースの解説を発信予定です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/3301/796/resize/d3301-796-4488ed85ae27de7039e2-1.jpg ]


プロランナー 岩出 玲亜選手
コメント/意気込み:
「出場予定だったレースがなくなってしまったため、TOKYO FASTEST 10Kにエントリーします。天候次第ではありますが追い風を利用できてワンウェイの10kmがとれる河川敷のコースを走ろうと思います。」



各分野のスペシャリストによる「最速を目指すためのコース」を公開

ゲストランナーの岩出 玲亜選手やランドスケープデザイナー 石川初氏、ステップスポーツ スタッフなど様々な分野の専門家による、「最速を実現するためのコース」を特設サイト及びアディダスSNSアカウント、ステップスポーツ オンラインショップにて公開していきます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/3301/796/resize/d3301-796-1a2d9333ef487a1b603a-2.jpg ]


ランドスケープデザイナー・石川 初(いしかわ はじめ)さん
慶應義塾大学 環境情報学部 教授。1964年京都府宇治市生まれ。
鹿島建設株式会社建築設計本部、Hellmuth, Obata and Kassabaum Saint Louis Planning Group、Kajima Design ランドスケープデザイン部、設計部を経て、
2015年4月より現職。
今回作るコースについてのコメント:
「私のお勧めは東京都道428号高円寺砧浄水場線、通称”荒玉水道道路”です。大正
               時代に作られた水道管の上に設けられた道路で、杉並区と世田谷区の住宅地を
               横切る、地図上でも目を引く直線道路です。」


アディダス ブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK 特別企画


[画像4: https://prtimes.jp/i/3301/796/resize/d3301-796-cdb820ad1fc8906ba1fb-3.png ]

アディダス ブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK内のCITY SHOPエリアでは10月1日(金)よりTOKYO FASTEST 10K コーナーを展開。
10月24日(日)からはSNSへ #アディゼロ #速くなるためのすべて を付けて投稿した方へ完走証として、参加者へオリジナルデザインのステッカーをプレゼント。

・対象店舗:アディダス ブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK
・実施期間:10月24日(日)~11月7日(日)
※対象店舗・実施期間は変更になる可能性がございます。
https://shop.adidas.jp/store_locator/?id=153


1秒でも速くベストタイムを目指して走るランナー向けのシューズ「ADIZEROシリーズ」


[画像5: https://prtimes.jp/i/3301/796/resize/d3301-796-4837e587606eb4c0dd71-4.jpg ]

数々の世界記録を打ち立てたランナーたちが着用するカーボン搭載レーシングモデルADIZERO ADIOS PRO 2 (アディゼロ アディオス プロ2)、ルールブックに捉われず規格外の速さを追求したADIZERO PRIME X (アディゼロ プライム X) 、レーシングモデルの特徴を踏襲しながらも毎日のランニングにも使える
ADIZERO BOSTON 10 (アディゼロ ボストン10)、あらゆるランナーに向け汎用性に優れたADIZERO JAPAN 6 (アディゼロ ジャパン6)など、1秒でも速く 走るための機能を搭載したレーシングシューズシリーズ。


2021年9月12日には、ドイツのヘルツォーゲンアウラハで開催された「ADIZERO: ROAD TO RECORDS」において、10km女子単独レースではアグネスジェベト・ティロップ選手が「ADIZERO ADIOS PRO (アディゼロ アディオス プロ)」を着用して、世界新記録となる30分01秒で優勝。また、5km女子単独レースではセンベリ・テファリ選手が未発表モデル「ADIZERO TAKUMI SEN 8 (アディゼロ タクミ セン8)」を着用して、14分29秒で優勝し世界新記録を打ち立てました。

(C)2021 adidas Japan K.K. adidas, the 3-Bars logo and the 3-Stripes mark are trademarks of the adidas.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング