その場でもらえる可愛いブックカバーが大好評!角川文庫の夏のフェア「カドフェス 2014」好評開催中!

PR TIMES / 2014年7月16日 10時39分

角川書店 ブランドカンパニー



 角川文庫では、夏のフェア「カドフェス 2014」を全国書店にて開催中です。

 今年のテーマは「カドフェス」。今までのイメージとは一新し、夏にリラックスして文庫を読む、自分だけのスタイルで物語の世界にはまろうという意味を込め、フェス感があふれるフラッグやTシャツのPOPなどで店頭が賑わっています。

 目玉企画のひとつ、フェア対象本を1冊買うとその場でもらえるプレゼントは、立体的なエンボス加工がなされた、さわり心地抜群の「ぽっこりポコポコブックカバー」。ハッケンくんの可愛いイラストが人気です!
また、話題の「艦これ」や人気の手ぬぐい店のかまわぬとコラボしたスペシャルコラボブックカバーも非常に好評で、全種類集めるお客様も多数!

 そして今年は各界の著名人から、イチオシの推薦コメントが盛りだくさん!
俳優の向井理さんからはパウロ・コエーリョの『アルケミスト 夢を旅した少年』、写真家・映画監督の蜷川実花さんからは、中野京子『怖い絵』に素敵な推薦文を頂きました。その他にも、杏さん、乙武洋匡さん、ヤマザキマリさん、テリー伊藤さん、小島秀夫さん、朝井リョウさん、KANA-BOON 谷口鮪さん、パンサー 向井さん、石井一久さん、水原希子さんからのコメントが一冊一冊を素敵に飾っています。詳しくは書店の帯をチェックしてみて下さい!

 今年のスペシャルカバーも魅力的!毎年おなじみの「かまわぬ」と角川文庫のコラボ、和柄スペシャルカバーは太宰治の『走れメロス』や宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』などの名作を一新!7冊の新柄を含む10冊で登場!朝日新聞での連載も好評の夏目漱石『こころ』も和柄で楽しめます。
また、角川文庫を代表する女性作家の名著、群ようこの『無印良女』、江國香織の『落下する夕方』などを色箔とマカロンカラーで可愛い装いに仕上げたプレミアムカバーコレクションも人気です。

 新刊は、宮部みゆきの『お文の影』、神永学『心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 祈りの柩』、夢枕獏『神々の山嶺』、朝井リョウ『星やどりの声』など話題作が満載!
高野和明『ジェノサイド』、山田悠介『キリン』、映画化で話題の伊坂幸太郎『グラスホッパー』なども引き続き好評です!

 「カドフェス2014×BOOK☆WALKER」のプレゼントキャンぺーンや、毎年応募多数の「小・中・高校生による角川文庫POPコンクール」も実施中!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング