布袋寅泰、2/6アルバム収録曲「嵐が丘」がPlayStation(R)3向けゲームソフト『真・三國無双7』イメージソングに決定!3/6リカットシングル完全生産限定リリース!

PR TIMES / 2013年1月18日 15時35分



アーティスト活動30周年を経て、50歳を迎え英国に移住し、渡英後も精力的な活動を続けている布袋寅泰。
この度、2013年2月6日にリリースする4年ぶりのオリジナルアルバム『COME RAIN COME SHINE』に収録される楽曲「嵐が丘」が、2013年2月28日にコーエーテクモゲームスより発売予定のPlayStation(R)3用タクティカルアクションゲーム『真・三國無双7』のイメージソングに決定したことが発表されました。

『真・三國無双7』イメージソングとして制作された「嵐が丘」は、作詞を森雪之丞、作曲・布袋寅泰の最強タッグによる書き下ろし楽曲。布袋ならではのエッジの効いたギターリフと強靭なリズムで奏でられ、たとえどんなに困難があろうとも臆する事なく希望を持って挑み続けようという、非常に力強くポジティブなメッセージが込められています。「嵐が丘」は、イメージソングとして、エンディングテーマ、テレビCFソングやプロモーションビデオで使用され、アルティメット一騎当千をコンセプトにかかげる『真・三國無双7』の壮大なドラマへと誘います。

2013年3月6日にはアルバムのリカットシングルとして「嵐が丘」のリリースも決定。このシングルは2枚組となり、表題曲「嵐が丘」に加えて、2012年12月18日に開催されたロンドン・ラウンドハウス公演より、「Battle Without Honor or Humanity」「バンビーナ」「Fly Into Your Dream」のライブ音源3曲が収録されます。

また、『真・三國無双7』のゲーム内で使用できる、布袋のトレードマークとして知られる幾何学模様の通称"G柄"がデザインされた、「HOTEIオリジナル“呂布”コラボレーション武器&コスチューム」が手に入るダウンロードシリアルコードが特典として封入される予定となっています。

アルバム『COME RAIN COME SHINE』は、「雨の日も晴れの日も」「どんなことが起きようとも」という意味の言葉。前作「GUITARHYTHM V」発売以来4年振りのオリジナルアルバムとなり、東京~ロンドンでレコーディング。布袋ならではのエッジの効いたギターリフと強靭なリズム、組曲仕立ての英国POP、美しいストリングスによるバラードなど盛り沢山の内容となっています。ロキシー・ミュージックのサックス奏者アンディ・マッケイ氏もゲスト参加。
初回限定盤と通常盤の2形態でのリリースとなり、初回限定盤は「Promise」と「Don't Give Up!」のミュージック・ビデオが収録されたDVDが特典として付属された三方背スリーブケース仕様となっています。さらに、初回限定盤、通常盤ともに特典として、3月15日より始まる全国ツアーのリザーブシート申込が封入されます。
布袋自身が「30年目にして初めて思い通りのアルバムが作れた」と語る意欲作であり、ロンドンから届けられる最高の贈り物ともいうべきこの作品、ご期待下さい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング