「知的生産の技術とセンス」(まつもとあつし著)出版記念セミナー~元祖ライフハック=「知的生産の技術」とセンスを磨いて情報発信の達人になるには?~

PR TIMES / 2014年11月7日 15時3分

デジタルハリウッド大学大学院では、人気ブログ「Lifehacking.jp」を運営する堀正岳氏と、本大学院修了生まつもとあつし氏をお迎えし、お二人の新著「知的生産の技術とセンス 知の巨人・梅棹忠夫に学ぶ情報活用術」(堀正岳・まつもとあつし著・小長谷有紀監修・マイナビ新書)の出版記念セミナーを開催します。
また、読書家またデータ分析の権威として、ビッグデータを他社と活用しあいビジネスの促進に生かせる専門組織「データエクスチェンジ・コンソーシアム」の理事長を務める橋本大也氏(本大学院客員教授)と、個人が自身のコンテンツを発信・販売できるプラットフォーム「note」をスタートさせた、株式会社ピースオブケイク代表取締役CEO加藤貞顕氏にも加わっていただき、「情報発信の達人」というテーマをより具体的・実践的なものに深めていくことを目指します。




 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、人気ブログ「Lifehacking.jp」を運営する堀正岳氏と、本大学院修了生まつもとあつし氏をお迎えし、お二人の新著「知的生産の技術とセンス 知の巨人・梅棹忠夫に学ぶ情報活用術」(堀正岳・まつもとあつし著・小長谷有紀監修・マイナビ新書)の出版記念セミナーを開催します。

 ソーシャルメディアやクラウド環境の普及によって、情報収集や発信ツールが整備され、一億総クリエイター、一億総メディア、などと言われる中、その活用の巧拙が問われる時代にもなっています。いくら素晴らしいコンテンツを生み出しても、世の中に知られなければ、評価を受けることは難しいことに加え、批判も含めた評価をどのように受け止め、次のステップに進んでいくかという問題は、クリエイターのみならず情報を発信するすべての人にとっての課題となっています。

 本セミナーでは、いわゆる「ライフハック」の原点とも言える梅棹忠夫氏の著書「知的生産の技術」(岩波新書)を題材として、情報発信の達人を目指す方々へのヒントを提供します。40年前に書かれ、現在も版を重ねる本書には、知的生産の本質と知恵が凝縮されています。今回出版された「知的生産の技術とセンス」では、そのアップデートを試みています。

 また、読書家またデータ分析の権威として、ビッグデータを他社と活用しあいビジネスの促進に生かせる専門組織「データエクスチェンジ・コンソーシアム」の理事長を務める橋本大也氏(本大学院客員教授)と、個人が自身のコンテンツを発信・販売できるプラットフォーム「note」をスタートさせた、株式会社ピースオブケイク代表取締役CEO加藤貞顕氏にも加わっていただき、「情報発信の達人」というテーマをより具体的・実践的なものに深めていくことを目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング