1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

パーソルグループ、生産性の大幅向上を目的に「Microsoft Copilot for Microsoft 365」を導入

PR TIMES / 2023年12月1日 18時40分

「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに掲げるパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:和田 孝雄、以下パーソルホールディングス)は、作業効率化と品質向上による生産性の大幅向上を目指し、今月より「Microsoft Copilot for Microsoft 365」を国内パーソルグループ各社に導入したことを本日お知らせいたします。



■導入の背景・目的
『パーソルグループ中期経営計画2026』において、「テクノロジードリブンの人材サービス企業」へと向かうことを経営の方向性として掲げ、国内グループ全社で、パーソル版GPT「PERSOL Chat Assistant」などの生成AIを導入開始するなど、先進的なテクノロジー活用を積極的に進めています。

今回、パーソルホールディングスでは、マイクロソフト社が提供するMicrosoft 365アプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Microsoft Teams、Outlookなど)に組み込まれたAI「Microsoft Copilot for Microsoft 365」を導入いたしました。導入対象となるのは、国内パーソルグループ各社のIT部門・管理部門・営業部門の300名で、業務内での活用を開始しています。

■段階的な活用推進
導入初期は、パーソルグループ各社の業務特性にあわせた活用方法の検証から開始し、好事例は社内教育コンテンツや、社内コミュニティを通じて、ナレッジを共有していきます。以降、段階的に、事業運営の効率化・自動化や、事業提供価値の向上につながる活用の可能性も探求していく予定です。
[画像: https://prtimes.jp/i/16451/831/resize/d16451-831-23a34750bcc0ead396dc-0.jpg ]

パーソルグループでは、今後も先進テクノロジーを早期から活用することにより、製品特性を見極め、効果的な業務・事業活用の習熟をおこない、サービス・事業の競争力強化につなげてまいります。

■パーソルホールディングス株式会社について
1973年の創業以来、人材派遣、人材紹介、アウトソーシング、設計開発など人と組織にかかわる多様な事業を展開。2008年10月に共同持株会社テンプホールディングス株式会社を設立。2017年7月よりパーソルホールディングス株式会社へ社名変更。
東京証券取引所プライム市場上場(証券コード:2181)。2023年3月期売上高1兆2,239億円。

■「PERSOL(パーソル)」について < https://www.persol-group.co.jp/ >
パーソルグループは、「“はたらくWell-being”創造カンパニー」として、2030年には「人の可能性を広げることで、100万人のより良い“はたらく機会”を創出する」ことを目指しています。
人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、BPOや設計・開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開するほか、新領域における事業の探索・創造にも取り組み、アセスメントリクルーティングプラットフォーム「ミイダス」や、スキマバイトアプリ「シェアフル」などのサービスも提供しています。
はたらく人々の多様なニーズに応え、可能性を広げることで、世界中の誰もが「はたらいて、笑おう。」 を実感できる社会を創造します。

※ Microsoft、Microsoft 365、Excel、PowerPoint、Microsoft Teams、Outlook は、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ Microsoft 365 は、Microsoft Corporationが提供するサービスの名称です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください