1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

グランツリー武蔵小杉に西武ショップオープン!駅ナカから家チカへ、コロナ禍で変化するニーズに対応

PR TIMES / 2021年4月7日 18時45分

そごう・西武は4月28日(水)に、セブン&アイ・ホールディングスの商業施設「グランツリー武蔵小杉」に、食品を中心としたギフトショップ「西武武蔵小杉ショップ」をオープンいたします。昨今、新型コロナウイルスの影響により、外出の自粛やリモートワークが進み、お買い物に求める利便性も家チカニーズへと変化しています。そこでそごう・西武では、近隣のお客様による利用が高い「グランツリー武蔵小杉」に、コロナ禍においてもイエナカごちそう需要や、モチベーションギフトなどでニーズが高まっている上質な食品・ギフトアイテムを展開する事で、お客様の新たなニーズに対応いたします。また、グループ戦略における大型商業施設強化の一環として、ショッピングセンター等では通常展開のない百貨店MDに特化したショップを出店する事で、グループシナジーを高めてまいります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/31382/833/resize/d31382-833-926191-0.jpg ]


【出店概要】
■ショップ名:西武武蔵小杉ショップ
■オープン日:4月28日(水)
■場所:グランツリー武蔵小杉1階=ライフスタイルマルシェフロア
■売場面積:約120平方メートル
■展開商品:食品(約25ブランド約200品目)
インテリアギフト(7ブランド約90品目)


デパ地下を代表するブランドをそろえた食品


[画像2: https://prtimes.jp/i/31382/833/resize/d31382-833-759887-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/31382/833/resize/d31382-833-997223-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/31382/833/resize/d31382-833-641825-3.jpg ]


食品では、定番の和菓子から人気スイーツ、ギフトにおすすめの名産品などデパ地下を代表するブランドを展開いたします。また、西武池袋本店のデパ地下で販売している人気のスイーツが日替わりで登場する特別販売会や、今話題のスイーツが登場する期間限定コーナーなど、自分へのご褒美スイーツから、贈り物におすすめの定番ギフトまで、様々なアイテムを取りそろえます。

■展開アイテム:洋菓子、和菓子、名産他
■ブランド:シュガーバターの木、アンリ・シャルパンティエ、ヨックモック、源吉兆庵、桂新堂、麻布かりんと、赤坂柿山、辻が花など約25ブランド
※一部期間限定でのお取り扱いブランドがございます。


さまざまな贈り物に対応するカタログギフト


[画像5: https://prtimes.jp/i/31382/833/resize/d31382-833-583047-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/31382/833/resize/d31382-833-613173-4.jpg ]


選べるグルメカタログギフト「ごっつお便」から、タオルや石鹸などの定番ギフトアイテムなど、贈り物におすすめのアイテムを取りそろえます。また、百貨店ギフトの定番、お中元・お歳暮の受注も承ります。

■展開アイテム:カタログギフト、タオル、石けんギフト
■ブランド:ごっつお便、ギフトデリバリー、沙羅、ギフトタイムなど計7ブランド
※一部期間限定でのお取り扱いブランドがございます。

※本リリースの掲載画像はイメージです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング