1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

UAVの市場規模、2026年に584億米ドル到達予測

PR TIMES / 2021年9月16日 11時0分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「UAVの世界市場 (~2026年):販売区分・システム・プラットフォーム (民間&商用・防衛&政府)・機能・エンドユーズ・用途・タイプ・動作モード・MTOW・距離・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を9月15日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1013706-unmanned-aerial-vehicle-uav-market-by-point-sale.html



[画像: https://prtimes.jp/i/71640/839/resize/d71640-839-54305e6f278deb71d1dd-0.png ]


無人航空機(UAV)は、防衛や商業の分野で重要な役割を果たしている遠隔操縦の航空車両です。一般的にはドローンと呼ばれ、国境監視などの様々な軍事的任務に幅広く利用されていることで知られています。また、地図作成や測量、特定地域の気象状況の把握などにも使用されています。

UAVは、軍事、商業、政府・法執行機関、消費者向けアプリケーションで使用されるものを中心に、防衛・安全保障、農業、物流・輸送、エネルギー・電力、建設・鉱業、メディア・娯楽、保険、野生動物・林業、学術研究などの分野で扱われています。プラットフォーム、ペイロード、地上制御ステーション、データリンク、発射・回収システムなど、さまざまなUAVシステムを搭載しています。UAVの市場規模は、2021年の274億米ドルからCAGR16.4%で成長し、2026年には584億米ドルに達すると予測されています。2021年から2026年までのUAV市場では、北米が最大シェアを占めると予測されています。

人工知能、感知・回避システム、クラウドコンピューティングなどの新技術をUAVに組み込むことで、その需要はさらに増加すると予想されます。UAVに人工知能を搭載することで、その能力の向上のみならず、離陸、ナビゲーション、データの取得、データの送信、データの分析など、さまざまな活動を人間の手を介さずに行うことができるようになりました。


COVID-19のUAV市場への影響

COVID-19が流行する以前、UAVは、国境警備など軍の様々な任務のために使用されており、政府や法執行機関による使用は実験的なものでした。民間・商業用途では、Ziplineなどの企業による医療品の輸送や、エンターテイメントやニュース業界での空撮に使用されていました。COVID-19以降、状況は一変しました。世界中で行われているロックダウンやソーシャルディスタンスの確保により、2020年は製造過程における原材料やスタッフが不足し、UAVの生産が停止しました。2021年も同様に、感染症の第二波が再燃しているため、UAVの生産が妨げられており、今後サプライチェーンを正常に機能させるには、さらに一定の期間が必要になるかもしれません。

牽引要因:軍事用途におけるUAVの需要

ドローンは10年以上前から様々な国の軍隊で採用されています。中でも最も人気があるのがPredator UAVです。現在、小型のドローンが地上軍で日常的に使用されています。UAV技術への軍事支出の割合は増加することが予想されており、専門のドローンメーカーやソフトウェア開発者に成長の機会を提供しています。2019年の国防総省の予算要求を一次分析した結果、ドローン関連の調達、研究開発プロジェクト、生産のために93億9,000米ドルが確認されました。この金額は、2018年に支出された金額を26%上回り。2019年には少なくとも3,447件の新しい無人航空機、地上、海上システムの受注があり、2018年の受注の3倍と報告されています。世界の約95カ国が、すでに何らかの形で軍事用ドローンを保有し、監視活動にあてています。また、一部のドローンは、軍需品を運ぶなどの重要な任務を行っています。中国、インド、ドイツ、アゼルバイジャンなどの国では、遠隔操縦のUAVを使用して、部隊に弾薬を運搬しています。また、ドローンは移動兵器としても使用されます。これは、監視活動を行うための高解像度カメラと赤外線システムを搭載した武器または飛行爆弾と定義されています。ドローンはターゲットの上空をホバリングし、ターゲットの位置を検知し攻撃します。また、その情報・監視・偵察(ISR)能力を利用して、進行中の軍事ミッションに関するデータのリアルタイムな収集も行います。軍用ドローンやUAVの一般的な例としては、MQ-4 Reaper、MQ-1B Predator、QF-4 Aerial target、RQ-4 Global Hawk、AeroVironment Wasp AE、RQ-1 Predator、BQM-155 Hunter、CL-289 Piverなどがあります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1013706-unmanned-aerial-vehicle-uav-market-by-point-sale.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: https://www.gii.co.jp
委託調査: https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会: https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング