インテック、Microsoftクラウドサービス接続を強化する「Microsoft Azure Peering Service」を提供開始

PR TIMES / 2020年9月29日 13時15分

~Microsoft 365を中心に、いつでも、どこでも安全・快適なワーク環境の実現~

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下インテック)は、Microsoftクラウドサービス接続を強化する「Microsoft Azure Peering Service」を9月29日より提供開始します。



 「Microsoft Azure Peering Service」は、Microsoft 365やDynamics 365、Microsoft Azureなどで構成される、Microsoftクラウドサービスへの接続を強化する新しいネットワークサービスです。クラウドサービスからエンドユーザーまで、信頼性高く、遅延の少ない最適化されたネットワーク接続を可能にします。
 Microsoft 365をご利用中のお客様の「Microsoft Teamsを導入したが、テレビ会議の映像が止まってしまう」「Excelファイルの起動に時間がかかるようになった」といったインターネットの通信量の増加による課題を、Microsoftクラウドサービスへのダイレクト接続により解決します。

 また、本サービスでは、単にダイレクト接続の手段を提供するだけではなく、お客様の企業内閉域ネットワーク(WAN)※1の現状分析と、ダイレクト接続を実施するために必要な設定変更などの立案を含むネットワークコンサルティングや、お客様のセキュリティポリシー、コンプライアンスに準拠するために必要な関連ソリューションを、インテックがワンストップで提供します。

※1 企業内閉域ネットワーク:ネットワーク事業者が提供する、通常のインターネットを経由しない独自の接続サービスを利用して、企業内の事業所(本社 ⇔ 支社間)など地理的に離れた拠点のLANを相互に接続するネットワークのこと。

■「Microsoft Azure Peering Service」の特長
(1) インターネット接続回線や接続設備を増強せずに、品質の安定した通信環境で、Microsoft Teamsを含むMicrosoft 365を利用可能
 Microsoft 365向けの通信を通常のインターネット通信経路と分離し、既設のインターネット接続用の機器(プロキシ)やファイヤウォールを経由せずに、Microsoftクラウドネットワークにダイレクト接続します。
 そのため、Microsoft 365の利用に際し、既設のプロキシやファイヤウォールの性能を圧迫することなく、安定した通信環境で快適なチームコラボレーションが実現できます。
 また、Microsoft 365の利用が増えた場合も、お客様側の既存設備の増強は不要です。

(2) 既設プロキシとの連携など、お客様のセキュリティポリシーに合わせた関連サービスを提供
 既存ネットワーク環境の現状分析とコンサルティングを行い、お客様のセキュリティポリシーやネットワーク設計によって必要となる、クラウドプロキシ等の関連ソリューションも一括で提供します。

(3) お客様のMicrosoft365の新規導入・活用も含めたトータルサポート
 Microsoft 365の導入・展開から接続ネットワークの最適化まで、Microsoft 365活用に必要なすべてのシーンにおいて、インテックがオールインワンでサポートします。

(4) TISインテックグループのデータセンターとの接続が簡単
 既にオンプレミス※2環境がTISインテックグループのデータセンターに設置されている場合は、データセンター構内線経由で、迅速にサービス提供が可能です。

※2 オンプレミス:サーバーやソフトウェアなどの情報システムを、使用者が管理している施設内に機器を設置して運用すること。

■「Microsoft Azure Peering Service」のサービスイメージ

[画像1: https://prtimes.jp/i/11650/841/resize/d11650-841-181258-0.png ]


■「Microsoft Azure Peering Service」の概要
 「Microsoft Azure Peering Service」では、インターネット経由の利用が中心だったMicrosoft 365への接続を、企業内閉域ネットワーク(WAN) からダイレクト接続することで、高い通信品質を確保します。
 本サービスは、EINS WAVE(アインス ウェーブ)※3 シリーズの『統合型閉域ネットワークサービス』の新たなオプションとして提供します。すでに『統合型閉域ネットワークサービス』をご利用中のお客様が「Microsoft Azure Peering Service」を利用する場合、オプション追加によりご利用可能です。『統合型閉域ネットワークサービス』をご利用ではないお客様は、各種アクセス回線を利用し、任意の拠点からの接続が可能です。

※3 EINS WAVE:お客様の課題に応じ、TISインテックグループのデータセンター、ネットワークおよび自社クラウドなどのプラットフォームサービスをワンストップで提供する、広域仮想クラウドサービスのブランド。

■「Microsoft Azure Peering Service」の提供内容
 お客様の既存WANへスムーズに導入するためのコンサルティングサービスや、運用性・利便性を高めるための関連ソリューションも併せて提供します。

<サービス仕様>
[画像2: https://prtimes.jp/i/11650/841/resize/d11650-841-968638-1.jpg ]


<価格>
 50Mbpsの帯域で月額50万円から提供

※4 ダイナミックルーティング:ルータやスイッチなどのネットワーク機器が経路情報を自動的に更新し、通信の宛て先によって最適な経路選択を行なうこと。Microsoft 365のグローバルIPアドレス(宛て先)情報をWANへ流すことで、その他のインターネット向けの経路と区別する。

■今後について
 今後テレワークやリモートワークの積極的な活用がさらに進み、いつでも、どこでも安心・快適に接続可能となるネットワークサービスは、より高品質なものが求められます。インテックは、日本国内で「Microsoft Azure Peering Service」を提供できる数少ない会社の1つとして、お客様に高品質なネットワークサービスを提供し、2021年までに20社程度の新規導入を目指します。

「Microsoft Azure Peering Service」の詳細はこちら:
https://www.einswave.jp/service/network_service/dcan/maps/

■統合型閉域ネットワークサービスについて
 「お客様」と「各種サービス」を接続する統合型の閉域ネットワークサービスです。TISインテックグループの国内全データセンターと接続し、 TISインテックグループのデータセンターをはじめ各種サービスと直接接続しています。多様なアクセスメニューによるお客様拠点接続、パブリックメガクラウドやインターネットアクセスなどを統合し、長年培ってきた高品質な運用とともに高信頼ネットワークをお客様へご提供します。

統合型閉域ネットワークサービスの詳細はこちら:
https://www.einswave.jp/service/network_service/dcan/

※Microsoft、Microsoft 365、Microsoft Teamsは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Microsoft 365、Microsoft Teamsは、Microsoft Corporationが提供するサービスの名称です。Microsoft 365、Microsoft Teamsは、Microsoft Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

インテックについて( https://www.intec.co.jp/
 お客様の経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。インテックは、1964年の創業以来培ってきた技術力をもとに、AI、RPA等のデジタル技術の活用や、新たな市場の創造にも積極的に挑戦しています。常にオープンな姿勢で、人、企業、社会を技術でつなぎ、自らも変革しながら「豊かなデジタル社会の一翼を担う」企業としてお客様に新しい価値を提供してまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

【サービスに関するお問い合わせ】
株式会社インテック ネットワーク&アウトソーシング事業本部
事業推進部 担当:千葉、神保
クラウドコンサルティング部 担当:鈴木
E-Mail:net_info@intec.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング