1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

『GQ JAPAN』Head of Editorial Contentに新堀 哲(にいぼり さとし)が就任

PR TIMES / 2021年11月22日 15時45分



[画像: https://prtimes.jp/i/930/847/resize/d930-847-9eb14a4ab0f3c0791da9-0.jpg ]

コンデナスト・ジャパン(本社:渋谷区、代表取締役社長:北田淳)は、『GQ JAPAN』のHead of Editorial Content(ヘッド・オブ・エディトリアル・コンテント)に新堀 哲(にいぼり さとし)が就任したことを、2021年11月22日付で発表いたします。

このポジションは新たに設けられたもので、コンデナストのグローバル規模による編集体制の変革の一環であり、新堀は誌面、デジタル、ソーシャル、ビデオなど、『GQ JAPAN』のすべてのプラットフォームにおける編集コンテンツを統括します。『GQ』の デピュティ・グローバル・エディトリアル・ディレクターであるAdam Baidawi(アダム・バイダウィ)の直属となります。

『GQ』グローバル・エディトリアル・ディレクターのWill Welch(ウィル・ウェルチ)は次のように述べています。「Satoshiは、ファッション、メディア、音楽などの分野において、20年近くに及ぶ実にダイナミックで多岐にわたるキャリアを持ち、私たち『GQ』の一員となります。彼は創造性に富んだ鋭い目を持ち、日本だけではなく世界中の多くの国のファッションや文化の背景について卓越した知識を持ち合わせています。だからこそ、彼は『GQ JAPAN』をリードし、『GQ』の新しいグローバル・チャプターのメンバーとして活躍できるユニークな存在なのです」

新堀は、2003年にニューヨークのセレクトショップでキャリアをスタート。2005年には自身によるブランドを立ち上げ、マルチブランド・ストアから百貨店まで幅広く展開。また、日本市場への参入を目指す複数の米国ブランドのアドバイザーやコンサルタントも務めました。2008年にはヨーロッパに渡り、オスロやベルリンにて、マーケティング、ブランディング、アートディレクションのコンサルタントとして活躍しました。

2010年の日本へ帰国後は、魅力ある日本のファッションやカルチャーをグローバルに発信することを指針に、国内外のファッションブランドやマルチブランド・ストアに対し、マーケティングやグローバルビジネス戦略についてのコンサルティング・サービスを提供してきました。また、ポップアップショップや様々なコラボレーション企画のプロデュース、アートディレクション、音楽レーベルのアーティストマーチャンダイジング事業のコンサルティング・サービスなど、幅広い経験を持ちます。

新堀からのコメント「『GQ』の歴史の中で非常に重要なこのタイミングに、『GQ JAPAN』とグローバル『GQ』チームにジョインできることをとてもうれしく、光栄に思っています。日本と世界の懸け橋となり、私のこれまでのユニークで幅広い経験や革新的なアイディアを活用し、多様性をもたらす一役を担うことにとても興奮しています」

新堀は東京を拠点に、『GQ』のグローバル・エディトリアル・ディレクターであるWill Welchと、デピュティ・グローバル・エディトリアル・ディレクターであるAdam Baidawi、そしてグローバルの編集チームと連携しながら、編集戦略を練り、世界のオーディエンスにも日本の知見を共有していきます。


【『GQ JAPAN』について】
1957年に米国で創刊し、現在21の国と地域で発行する、クオリティ・ライフスタイル誌『GQ』の日本版。Globalな視点で物事を考えるIndependentな男性の24時間365日の情報源として、2003年に創刊。知性・品性・感性を備え、本質にこだわる男性のためのライフスタイル誌として、幅広い層から支持を得ている。時代に影響を与える各界の男性たちを毎年年末に表彰する「GQ MEN OF THE YEAR」も好評。

■『GQ JAPAN』公式ウェブサイト  https://gqjapan.jp
■『GQ JAPAN』Instagram公式アカウント  https://www.instagram.com/gqjapan/
■『GQ JAPAN』Twitter公式アカウント  https://twitter.com/GQJAPAN
■『GQ JAPAN』Facebook公式アカウント  https://www.facebook.com/GQJAPAN
■『GQ JAPAN』YouTube公式アカウント  https://www.youtube.com/user/GQJAPAN
■『GQ JAPAN』TikTok公式アカウント  https://www.tiktok.com/@gqjapan

【コンデナストについて】
コンデナストは、Vogue、The New Yorker、GQ、Glamour、AD、Vanity Fair、Wiredなどの象徴的なブランドを擁したグローバルメディア企業です。同社の受賞歴を誇るコンテンツは、印刷物で約7,200万人、デジタルで約4億4,200万人、ソーシャルプラットフォームで約4億5,200万人の消費者に届けられ、毎月10億回以上の動画視聴を得ています。同社はニューヨークとロンドンに本社を置き、世界中の現地ライセンスパートナーとの提携のもとに、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、ラテンアメリカ、ロシア、スペイン、台湾、英国、米国を含む世界32の市場で事業を展開しています。2011年に発足したCondé Nast Entertainment(CNÉ)は、映画、テレビ、ソーシャルビデオ、デジタルビデオ、バーチャルリアリティにわたるプログラミングを作成する、数々の賞を受賞した制作および配信スタジオです。コンデナスト・ジャパンは1997年の設立以来、20年以上にわたりハイクオリティーでプレミアムなコンテンツを発信してきました。1999年に創刊した『VOGUE JAPAN』をはじめ、『GQ JAPAN』『WIRED』日本版、『VOGUE Girl』『VOGUE Wedding』を日本で展開しています。雑誌、デジタルマガジン、ウェブサイト、ソーシャルメディアでのコンテンツ発信に加え、「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT(FNO)」「VOGUE JAPAN Women of the Year」、そして「GQ Men of the Year」では、強力なエクスペリエンス(体験)をオーディエンスの皆様に提供しています。また、日本市場の複雑なニーズと絶え間なく変化するメディア環境に対応するため、2014年にホワイトレーベルのクリエイティブ・スタジオ事業「Condé Nast Creative Studio」をローンチし、2020年1月にはこれをフルサービス・クリエイティブ・エージェンシー「CNX」としてリブランディングしました。2016年にはビデオコンテンツを扱う「Condé Nast Video」事業を立ち上げ、映像事業領域でもプレミアムプレーヤーとしていち早く活動を開始しました。さらに、Gen Zに向けた新たなプロジェクト「Rumor Me」やCondé Nast Social Talent Agencyを2019年に立ち上げ、ソーシャルメディア、次世代のクリエイティブ・インフルエンサーとの事業を開始しています。

■ 「コンデナスト・ジャパン」公式ウェブサイト  https://www.condenast.jp
■ 「コンデナスト・ジャパン」LinkedIn公式アカウント  https://www.linkedin.com/company/condenastjapan
■ 「コンデナスト・グローバル」公式ウェブサイト  https://condenast.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください