1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

精密農業市場、2021年から2026年にかけて約12%のCAGRで成長見込み

PR TIMES / 2021年9月21日 18時45分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「精密農業市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を9月17日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc999908-precision-agriculture-market-global-industry.html



[画像: https://prtimes.jp/i/71640/891/resize/d71640-891-beedf3a67870514c38bd-0.jpg ]


市場の概要
2015年から2020年にかけて、精密農業市場は強い成長を示しました。精密農業(Precision Agriculture: PA)とは、情報と生産を統合的に管理する農業システムの一種で、農業生産高を向上させるために最新の技術や研究手法を活用するものです。精密農業は、野生生物や環境への予期せぬ影響を最小限に抑えながら、長期的、現場的、農場全体的な生産効率と収益性を向上させることができます。今日、精密農業は、高品質の生産を実現し、生産コストと労働力の投入を削減するのに役立つITの発展とともに、世界中で非常に人気が高まっています。予測期間(2021年~2026年)において、世界の精密農業市場は約12%のCAGRで成長すると予想されています。

市場の成長要因
スマートフォンやインターネットの急速な普及に伴い、農家が最新技術を導入するケースが増えています。LPWA(Low Power Wide Area)、Zigbee、Wi-Fi、新しい無線センサー技術などのコネクテッドテクノロジーを精密農業に取り入れることで、様々な農業作業を効率的に計画・実行できるようになっています。
世界各国の政府は、作物の収穫量と生産性を向上させるために、近代的な農業技術の導入を促進するために、いくつかの取り組みを行っています。例えば、欧州共通農業政策の改定では、農家が多様な精密農業技術に投資することを促進するための財政的インセンティブと支援スキームが欧州連合によって導入されています。
大手メーカーは、農業活動を簡素化するために、農場管理システム、センシング・モニタリングツール、自動化・制御システムなど、さまざまなタイプのシステムやデバイスを開発しています。これらの進歩は、世界の精密農業市場の全体的な成長にプラスの影響を与えています。

主要な市場区分
技術別の市場構成
・全地球衛星測位システム(GNSS)/全地球衛星測位システム(GPS)
・地理情報システム(GIS)
・リモートセンシング
・可変レート技術(VRT
・その他
GNSS/GPSは、現在最も重要な技術分野です。GNSSやGPSは、マッピングやジオポジショニング、収穫量のモニタリング、土壌状態のモニタリング、バーチャルフェンス、バイオマスのモニタリングなどに利用されています。

タイプ別の市場構成
・自動化と制御システム
・センシング&モニタリングデバイス
・農場管理システム
自動化と制御システムは、人件費を削減し、信頼性の高い安定した性能を提供し、農作業の効率と精度を向上させることができるため、現在のところ主要なセグメントとなっています。

コンポーネント別の市場構成
・ハードウェア
・ソフトウェア
技術の継続的な進化により、より優れた位置情報やデータ処理機能を備えた新しいデバイスが導入されていることから、コンポーネント別ではハードウェアがリードしています。

アプリケーション別の市場構成
・歩留まりモニタリング
・クロップスカウティング
・マッピング
・土壌モニタリング
・プレシジョン・イリゲーション
・その他
歩留まりモニタリングは、最大のアプリケーション分野であり、穀物の流れ、穀物の水分、農場の面積に基づいて情報を測定・記録するのに役立ちます。収量モニタリング技術により、農家は圃場全体で異なる種子品種の性能を比較することができ、種子の選択を改善するのに役立ちます。

地域別の市場構成
・北アメリカ
・ヨーロッパ
・アジア太平洋地域
・ラテンアメリカ
・中近東・アフリカ
北米は、精密農業の分野で進歩していることから、市場でトップの地位を占めています。この地域では、サイト固有の技術からガイダンス技術まで、さまざまな種類の製品が提供されており、農家がさまざまなシステムを採用しています。

市場の競合状況
精密農業市場は非常に細分化されており、サプライチェーンの各段階に多数のプレイヤーが存在します。この市場で活動している主要なプレイヤーは以下の通りです。

・Agribotix
・Bayer CropScience AG
・Case IH Agriculture
・ClearAg Operations
・Conservis Corporation
・ディア・アンド・カンパニー
・ファーマーズエッジ社
・フェアポート・ファーム・ソフトウェア
・フューズ・テクノロジーズ
・グラニュラーAG
・Grownetics Inc.
・IBM
・MapShots Inc.
・Raven Industries
・SSTソフトウェア


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc999908-precision-agriculture-market-global-industry.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: https://www.gii.co.jp
委託調査: https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会: https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング