Amazon Prime Videoが秋のラインナップを発表 人気を誇るPrime Originalバラエティシリーズの新シーズンが続々登場

PR TIMES / 2018年11月1日 9時40分

今年の年末はダウンタウン・浜田雅功出演『戦闘車』シーズン2、
Wコウジ出演『今田×東野のカリギュラ』シーズン2パート2、
ダウンタウン・松本人志が贈る『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6で、笑い納め!

3作全てPrime Videoにて2018年11月に独占配信開始!




[画像1: https://prtimes.jp/i/4612/902/resize/d4612-902-114326-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/4612/902/resize/d4612-902-316280-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/4612/902/resize/d4612-902-881478-2.jpg ]




Amazonは、Amazon Prime Video(以下Prime Video)にて、2018年11月9日(金)より『戦闘車』シーズン2、2018年11月23日(金)より『今田×東野のカリギュラ』シーズン2パート2、2018年11月30(金)より『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6を独占配信します。Prime Originalバラエティシリーズの人気3番組が、同月に立て続けに配信され、クリスマスや年末年始の長期休暇に備えて、プライム会員の皆様に笑いをお届けします。これらの新シーズン、およびPrime Originalの全作品はPrime Videoアプリ、Fire TVやモバイル機器などのデバイス経由、またはAmazon.co.jp/originalsよりプライム会員限定特典として視聴可能です。


Amazon Prime Video コンテンツ事業本部長 ジャパンの児玉隆志は次のようにコメントしています。
「ご好評をいただいている『戦闘車』、『カリギュラ』、『ドキュメンタル』の最新シーズンをプライム会員の皆様へお届けできることを大変嬉しく思います。11月は、ダウンタウンの浜田雅功さんと松本人志さん、そして今田耕司さん、東野幸治さんを始め豪華メンバーでおくる、大胆かつクリエイティブなPrime Originalのバラエティ番組にどうぞご期待ください。」


出演者や競技などすべてがスケールアップした『戦闘車』シーズン2は、卓越した運転技術を持つ芸能人たちが自ら各々の「戦闘車」に乗り込み、命がけで様々な競技に挑む「自動車戦闘バラエティ」です。今シーズンでは自らも戦闘車に乗り込み戦いに挑む浜田雅功氏が率いる浜田軍と、Prime Originalのバラエティ番組は初出演となる矢部浩之氏(ナインティナイン)が率いる矢部軍に分かれ、芸人、俳優、ミュージシャン、アイドル、格闘家、さらに日本が誇るプロのレーシングドライバー達からなる総勢21名がスピード、度胸、そして根性が試される自動車バトルで対戦します。浜田軍メンバーは、シーズン1の戦いに敗れ、今回は浜田軍に吸収された千原ジュニア氏(千原兄弟)を始め、千原せいじ氏(千原兄弟)、原田龍二氏、魔裟斗氏、篠原信一氏、松岡充氏、高岡早紀氏、鈴木亜久里氏、脇阪寿一氏の総勢10名。対する矢部浩之氏率いる矢部軍メンバーは、哀川翔氏、小沢仁志氏、藤本敏史氏(FUJIWARA)、原西孝幸氏(FUJIWARA)、佐田正樹氏(バッドボーイズ)、吉村崇氏(平成ノブシコブシ)、じゅんいちダビッドソン氏、南明奈氏、土屋圭市氏、織戸学氏の11名です。「走る!」「ぶつける!」「壊す!」「転がる!」新しいエンターテイメント『デンジャーテイメント(DANGER+ENTERTAINMENT)』をお楽しみください。


番組内で実施される戦いは以下全5試合です。
第1試合「戦闘車サッカー」
ピッチに立つ各軍の戦闘車両6台ずつで巨大サッカーボールを転がして、相手のゴールを狙う。華麗なドリブル、激しいディフェンスで見せる攻防戦!


第2試合「戦闘車棒倒し」
相手の防御と障害物を掻い潜り、敵陣にそびえ立つ巨大な棒に向かってハイジャンプ!巧みな戦術やチームプレイで相手の陣地を狙い、より多くの棒を倒した軍の勝利。


第3試合「戦闘車カーリング」
全長63mのリンクで各軍の戦闘車両3台ずつが戦う、氷上ならぬローション上のカーリング対決。激しいぶつかり合いで、 相手の車を弾き飛ばす!


第4試合「戦闘車横転グランプリ」
スピードに乗って車を横転させ、何回転できるかを競い合う。華麗なる横転を目指し、命がけで挑むカースタント!


第5試合「戦闘車連結猛レース」
各軍の戦闘車両2台、3台とそれぞれ鎖で連結し、コースを駆け抜ける。アクセルとブレーキが効く先頭車両のテクニックが勝利のカギとなる!


浜田雅功氏(ダウンタウン)は次のようにコメントしています。
「前回、僕は「行けー」や「やれー」と言っているだけだったのですけれど、今回、競技に出ています。出ていますというより、やらされています。そこは大きな違いですね。前回は声を出していたら良いと思っていたのですけれど、今回はもう、ちょっとえらいことになりました。前回もすごかったのですが、今回もさらにですね、地上波じゃできないんじゃないですかね。色々なものがでかいです。」


矢部浩之氏(ナインティナイン)は次のようにコメントしています。
「この番組の最大の魅力は今テレビでは出来ないことをやれている自由さですかね。シーズン2から参加させてもらって、本当に競技はガチなんだなと思いました。自然と、最初は先輩の浜田さんに気を使いながらやるものなんだろうなと思っていたんですけど、競技になると、あっ関係ないんだ、と。いわゆるお約束的な感じは一切無かったので、本当に素のままいけて、楽しかったですね。」


千原ジュニア氏(千原兄弟)は次のようにコメントしています。
「前回と今回の違いはスケールですね。前回すごいなと思っていたのをゆうに超えてきました。正直こんなことを言っていいのかわからないですけれど、ゴールデンでクルマ屋さんのCMが入っていない番組はないですからね。あと、そんなスケールの大きいことやっているのですが、ルールがちゃんと繊細に作り込まれていいて、それがあるから効いてくるのだと思います。一番危険だと思ったのは、最後の罰ゲームですね。数々の罰ゲームを間近で見てきましたけれど、MAXですね。」


哀川翔氏は次のようにコメントしています。
「魅力はやっぱり思い切りぶつけるというところでしょうね。最近こういう危険なことはあまりやらせてもらえないけれど、こういう思い切りぶつけるつもりはないんだけどぶつかってしまうというのが面白いです。結構当てられたし、自分が当てなくちゃいけない競技もあるけれど、車が走らなくなったら大変だから考えながらやるんだけど、どうしてもぶつかっちゃうというところは最大の魅力でした。それから想像以上にすごいセットでしたね。よくあのセットをつくったと思います。やっぱり車には恐ろしい魔力があると、そう思ってます。」


■ Prime Original『戦闘車』シーズン2概要
配信開始日: 2018年11月9日(金)
話数: 全5話(一挙配信)
出演:  【浜田軍】 浜田雅功(ダウンタウン)
千原ジュニア(千原兄弟)
千原せいじ(千原兄弟) 高岡早紀 原田龍二 松岡充 篠原信一 魔裟斗
鈴木亜久里 脇阪寿一
【矢部軍】 矢部浩之(ナインティナイン)
哀川翔
小沢仁志 藤本敏史(FUJIWARA) 原西孝幸(FUJIWARA) 佐田正樹(バッドボーイズ)
 吉村崇(平成ノブシコブシ) じゅんいちダビッドソン 南明奈
土屋圭市 織戸学
予告編URL:  https://youtu.be/60600MHedew
番組詳細ページURL:  https://www.amazon.co.jp/sentosha
番組公式Twitter: @SentoshaJP( https://twitter.com/SentoshaJP
番組公式Facebook: @SentoshaJP( https://www.facebook.com/SentoshaJP/
コピーライト: (C) 2018 YD Creation


『今田×東野のカリギュラ』シーズン2パート2 2018年11月23日(金)より10話一挙独占配信
前シーズンの好評企画がパワーアップし、より人間のリアルに迫る。
「カリギュラ」とは、禁止されるほど試してみたくなる心理現象のことで、本作は地上波テレビではマニアックすぎて視聴率が見込めない企画や、自主規制的にNG、くだらな過ぎるなどの理由で実現しなかった企画を掘り起こし、実現していくバラエティシリーズです。今田耕司氏と東野幸治氏の“Wコウジ”がMCを務めます。


パート2は全10話で構成され、シーズン1では後藤祐樹氏が出演し、波乱万丈な人生を語ったトーク企画「地上波ではなかなか会えない、あの人は今?」に、今回は田中聖氏が1年半の沈黙を破り出演し、胸の内をWコウジに打ち明けます。さらにシーズン1で活躍した植野行雄氏(デニス)&アントニー氏(マテンロウ)と、今回新たにジャングルポケットを迎え、計二組がとある芸能人の拉致に挑み、その実態を知り警鐘を鳴らす社会派企画「SARAI選手権」、シーズン2パート1「人間火の鳥コンテスト2018」で圧巻の火の鳥ジャンプを飛んで見せた「ミスターカリギュラ」こと吉村崇氏(平成ノブシコブシ)と贈る、カリギュラの中でも最も危険な企画に挑戦する「危険企画~これ実現できますか?」、芸人の父親にドッキリで美女の誘惑を仕掛けるパート1で話題となった企画が早くも復活した「私の父は大丈夫?ドキドキ浮キッス~愛の修羅場編~」や、シーズン1の実験企画の意志を継ぐ「ROAD TO WALKING DEAD 第1回女ゾンビオーディション」では、青山テルマ氏、丸山桂里奈氏、伊藤修子氏、箕輪はるか氏(ハリセンボン)、スパイクが女ゾンビに扮し、誰が一番ゾンビになりきれるかを競い合うなど、前シーズンで好評だった企画が更に進化したエピソードや、司会の今田耕司氏、東野幸治氏が最終話に挑戦する壮大なロケ企画など幅広い内容を取り揃えています。


■ Prime Original『今田×東野のカリギュラ』シーズン2 概要
パート1(第1~8話): 独占配信中
パート2(第9~18話): 2018年11月23日(金) 一挙配信
話数: 全18話
出演: 今田耕司、東野幸治 ほか
予告編URL:  https://youtu.be/JgBwa6HPj4w
番組詳細ページURL:  https://www.amazon.co.jp/caligula
コピーライト: (C) 2018 YD Creation


『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6 2018年11月30日(金)より独占配信
ドキュメンタル史上初!4名の女性芸人が参戦。
参加者10名が各自参加費100万円を持参し、制限時間6時間内に笑わずに最後の1人となるまで残った人が優勝賞金1,000万円を手にする“密室笑わせ合いサバイバル”番組である『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル(以下ドキュメンタル)』。2018年10月現在、全5シーズンが配信され、全てのシーズンが日本の2018上半期Amazonランキング大賞 Prime Video部門でトップ10にランクインするほど絶大な人気を誇り、更に年内には世界的に有名なユージニオ・デルベズ氏出演、メキシコのリメイク版が配信されることが決定されました。


世界にも認められた、松本人志氏(ダウンタウン)が贈る大人気シリーズの最新作『ドキュメンタル』シーズン6の参加者は、初参戦の村上ショージ氏、友近氏、近藤春菜氏(ハリセンボン)、真栄田賢氏(スリムクラブ)、ゆりやんレトリィバァ氏と、ジミー大西氏、藤本敏史氏(FUJIWARA)、陣内智則氏、黒沢かずこ氏(森三中)、大悟氏(千鳥)の計10名です。今シーズンでは初めて女性メンバーが4名も参加したことで、激戦を繰り広げてきたこれまでのシーズンともまた違う新たな“笑い”の掛け合いが見所です。


■ Prime Original『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6 概要
配信開始日: 2018年11月30日(金)
話数: 全4話(11月30日(金)に1-2話配信、12月7日(金)に3-4話配信)
出演:松本人志(ダウンタウン)、村上ショージ、ジミー大西、藤本敏史(FUJIWARA)、陣内智則、黒沢かずこ(森三中)、友近、大悟(千鳥)、近藤春菜(ハリセンボン)、真栄田賢(スリムクラブ)、ゆりやんレトリィバァほか
予告編URL:  https://youtu.be/Chl5SpxopiA
番組詳細ページURL:  https://www.amazon.co.jp/documental
番組公式Twitter: @DocumentalJP( https://twitter.com/documentaljp
番組公式Facebook: @DocumentalJP( https://www.facebook.com/DocumentalJP/
コピーライト: (C) 2018 YD Creation


Prime Videoについて
Prime Videoは、プレミアムなオンデマンド・エンターテイメント・サービスです。お客様が、見たい作品を見たい方法でご覧いただけるよう多様な選択肢をご提供しています。


プライム会員特典:世界の200以上の国・地域で視聴可能なPrime Videoでは、日本Prime Original作品『仮面ライダーアマゾンズ』、『はぴまり~Happy Marriage!?~』、『クレヨンしんちゃん外伝』、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』、『バチェラー・ジャパン』や、各賞を受賞したAmazonスタジオ制作によるPrime Original作品『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』、『マーベラス・ミセス・メイゼル』、『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』、子ども向けシリーズ『タンブルリーフ』などを含むプライム会員特典対象の数千本もの人気映画やテレビ番組をご覧いただけます。
Prime Videoチャンネルでより多くのコンテンツを:プライム会員はJ SPORTS、時代劇専門チャンネルNET、BBCワールドニュースなど35以上のチャンネルを別途のアプリやチューナーを使わず視聴できます。1チャンネルから登録でき、いつでもキャンセルすることが出来ます。視聴できるチャンネルのリストはwww.amazon.co.jp/channelsをご参照ください。
レンタルおよび購入:Amazonをご利用されるお客様は、数万本の新作映画やテレビ番組をオンデマンドでレンタルまたは購入いただけます。
どこでも視聴:Prime Videoのアプリをご利用いただければ、対応するテレビ、PlayStation、Wii、モバイルデバイス、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Fireタブレット、オンラインなどで、どこでも視聴いただけます。ご利用いただけるデバイスのリストは、www.amazon.co.jp/gp/video/getstarted/をご参照ください。
プレミアムな特長:4KウルトラHDやHDRに対応。モバイルデバイスにダウンロードすればオフラインでも視聴いただけます。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング