ウエルシア薬局と宝島社 ブランド「キッピス」のエコマーク認定!エコバッグを共同制作

PR TIMES / 2019年8月28日 9時40分

 ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が保有する北欧デザインのブランド「kippis(R)(キッピス)」は、ドラッグストアチェーンを運営するウエルシアホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:池野隆光)と共同で、「kippis(R)」のオリジナル柄を使用したエコバッグ(3種類)を制作。2019年8月25日から全国のウエルシア薬局約1800店舗で販売しています。



「kippis(R)(キッピス)」とは、宝島社が開発・プロデュースし、2012年にスタートしたライフスタイルブランド。北欧で活躍するデザイナーが描く、自然や暮らしをモチーフにした温かみのある柄が特徴です。これまでも
「kippis(R)」は、コンセプトである「生活の中でデザインを楽しむ」という理念を通して繋がった企業とコラボレーション商品の共同開発を行い、服飾雑貨や手芸用品、コーヒー、ヘアケア商品などを販売してきました。
 今回のウエルシア薬局とのコラボレーションでは、「kippis(R)」 の中でも人気の柄「しろくま」「はりねずみ」「フクロウ」の3種類が、エコバッグの柄に採用されました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/5069/912/resize/d5069-912-220739-0.jpg ]


ウエルシアホールディングスは、調剤併設型ドラッグストアとして、全国に約1800店舗を展開するドラッグストア業界大手の企業です。デイサービスや老人介護施設を併設し、地域に住む人々が安心して暮らせる社会作りを理念に、人に社会に貢献する活動の一つとして「2025年までに、プラスチック製のレジ袋全廃宣言!」をし、買い物袋を持参した消費者へのポイント付与やプラ製レジ袋有料化などを進めています。その活動の一歩としてエコバッグを制作。専用棚を設置し、大きく展開します。また、ペットボトルを再生した素材で作った生地でエコマークを取得し、地球や環境に配慮したものとなっております。キュートなデザインで見た目に心が弾み、また環境に優しい商品です。

宝島社は今後も、企業理念である「人と社会を楽しく元気に」のもと、独自の女性マーケティング力と編集力を活かし、異業種の企業や流通とコラボレーションしながら、より多くの方に喜んでいただける商品の開発やサービスのサポートなど、様々な業界の活性化に寄与してまいりたいと考えております。
※日本ABC協会 雑誌発行社レポート2018年下半期(7~12月)より

[画像2: https://prtimes.jp/i/5069/912/resize/d5069-912-390647-1.jpg ]



商品名: kippisウエルシアエコバッグ
価格:498円(税抜)
発売日:2019 年8月25日(先行販売は7月28日から)
全国のウエルシア薬局店舗にて販売
(数量限定。取り扱いのない店舗もあります)



[画像3: https://prtimes.jp/i/5069/912/resize/d5069-912-220739-0.jpg ]


kippis(R) 人気の3つの柄
<はりねずみ><フクロウ><しろくま>
※1サイズで展開


プラスチック製レジ袋全廃宣言!ウエルシアの環境への配慮をキッピスがサポート


[画像4: https://prtimes.jp/i/5069/912/resize/d5069-912-189233-2.jpg ]


ウエルシアとkippisコラボレーションエコバッグにはエコマークがついています。


[画像5: https://prtimes.jp/i/5069/912/resize/d5069-912-169742-3.jpg ]


ココがすごい!
【エコマーク取得】【約1800店舗で販売】


■エコマーク、何がすごいの?
エコマークは、いろいろな環境の問題を包括的に考慮し、単にリサイクルだけでなく、材料を選ぶときは再生プラスチックを、運ぶときは包装を少なく、使った後は焼却しても害が出ないように、つまり商品の一生を考えて基準を作っているマークです。厳しい審査をクリアしたものだけが認定される、それがエコマークです!




「ほんのちょっといいもの」を提案しお客様をHAPPYな気持ちに
そんなウエルシアの思いからkippis(R)とのコラボレーションで「kippisエコバッグ」が誕生しました。

■ペットボトルを再生した素材で作った生地による丈夫な作り
■kippis人気の動物柄3柄
■使用しない時はコンパクトに折りたため、かさばりません
■エコマーク付き。しっかり賢く、エシカル消費

[画像6: https://prtimes.jp/i/5069/912/resize/d5069-912-152812-4.jpg ]


<バッグサイズ約>
〇折りたたみ時 W13.5×H15cm
○広げた時の本体部分 W30×H36cm
○持ち手の長さ:17.5cm



[画像7: https://prtimes.jp/i/5069/912/resize/d5069-912-218069-5.jpg ]


◆ これまでの「キッピス」の提携先 ◆
[画像8: https://prtimes.jp/i/5069/912/resize/d5069-912-532652-6.jpg ]



[画像9: https://prtimes.jp/i/5069/912/resize/d5069-912-150258-7.jpg ]






[画像10: https://prtimes.jp/i/5069/912/resize/d5069-912-857929-8.jpg ]


kippis(R)(キッピス)とは・・・
ファッション雑誌やバッグ、ポーチなどのブランドアイテム付録を開発する宝島社が、開発・プロデュースするライフスタイルブランド。フィンランド在住のデザイナーが描く、北欧らしい自然や暮らしをモチーフにした温かみのある柄が特徴です。創設の発端は宝島社の編集者が北欧取材を行う中で現地のデザイナーを発掘したこと。編集部自ら、オリジナルデザインの開発・プロデュースを行い、「kippis(R)」として創設しました。2012年から自社商品(出版物)としてバッグや傘、手帳などを販売してきましたが、反響が大きく、ご好評をいただいたことから「オリジナルブランド」として独立。2015年10月よりライセンス事業をスタート。これまでバッグブランド「レスポートサック」や川辺(株)、一広(株)など多種多様な企業にデザイン提供を行っています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング