「マイ・ウェイ」を作ったフランスのスーパースター"クロード・フランソワ”、映画『最後のマイ・ウェイ』で注目が高まる中、初期ベスト・アルバムにして初の日本盤CDが登場!

PR TIMES / 2013年6月10日 16時3分



60~70年代のフランスを熱狂させ、「マイ・ウェイ」の原曲を作曲して歌い、わずか39歳で夭逝したスーパースター、「クロクロ」ことクロード・フランソワが1962年から1971年にフィリップス・レーベルに残した初期ベスト・アルバムにして初の日本盤CD『ザ・ベスト・オブ・クロード・フランソワ』が2013年6月5日にリリースされました。

クロード・フランソワは、フランスの歌手にして、作詞・作曲者、音楽プロデューサー。
1960年代から1970年代にかけてのフランスで最も人気があるアーティストのひとりでした。「美しい娘たち」(エヴァリー・ブラザーズの歌のフランス語カヴァー)で、歌手としての最初の大きな成功をおさめます。

1967年にフランス・ギャルとの仲が破局したのち、彼の代表曲のひとつ「いつものように(Comme d'Habitude)」を制作。この作品をテレビを通じて知ったポール・アンカは、新たに英語の歌詞を書き下ろし、それは1969年にはフランク・シナトラが歌う「マイ・ウェイ」として世界的にヒットし、またエルヴィス・プレスリーや、後にはシド・ヴィシャスらによりカヴァーされました。

1970年代に入ると、彼は自分の作品ばかりではなく、多くの英米の音楽市場でのヒット・ソングをカヴァーしてフランスに紹介し、一方で、彼の歌「愛しているから、わが子よ」は英語詞がつけられエルヴィス・プレスリーにより歌われました。彼のアルバム『涙の電話』(1974年)は発売後数週間で200万枚以上を売る、彼の生涯における最大の商業的成功作となり、彼は生涯で500曲以上の歌を残しました。

今作はその名曲「マイウェイ」の原曲「いつものように(Comme d'Habitude)」他、代表曲の数々とカヴァー曲などクロード・フランソワの魅力が詰まったベスト・アルバムです。

また クロード・フランソワの波乱に満ちた生涯を描いた映画『最後のマイ・ウェイ』が7月20日(土)からBunkamuraル・シネマ他全国順次公開されます。セザール賞主要4部門でノミネートされ、製作費がフランス映画史上最高額の24億円!2012年フランス最大規模905館で公開され、全仏第一位に輝くなど話題の作品です。

■映画『最後のマイ・ウェイ』公式サイト
saigono-myway.jp

■クロード・フランソワ日本公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/claude-francois

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング