「マイ・ウェイ」を作ったフランスのスーパースター"クロード・フランソワ”、映画『最後のマイ・ウェイ』で注目が高まる中、初期ベスト・アルバムにして初の日本盤CDが登場!

PR TIMES / 2013年6月10日 16時3分



60~70年代のフランスを熱狂させ、「マイ・ウェイ」の原曲を作曲して歌い、わずか39歳で夭逝したスーパースター、「クロクロ」ことクロード・フランソワが1962年から1971年にフィリップス・レーベルに残した初期ベスト・アルバムにして初の日本盤CD『ザ・ベスト・オブ・クロード・フランソワ』が2013年6月5日にリリースされました。

クロード・フランソワは、フランスの歌手にして、作詞・作曲者、音楽プロデューサー。
1960年代から1970年代にかけてのフランスで最も人気があるアーティストのひとりでした。「美しい娘たち」(エヴァリー・ブラザーズの歌のフランス語カヴァー)で、歌手としての最初の大きな成功をおさめます。

1967年にフランス・ギャルとの仲が破局したのち、彼の代表曲のひとつ「いつものように(Comme d'Habitude)」を制作。この作品をテレビを通じて知ったポール・アンカは、新たに英語の歌詞を書き下ろし、それは1969年にはフランク・シナトラが歌う「マイ・ウェイ」として世界的にヒットし、またエルヴィス・プレスリーや、後にはシド・ヴィシャスらによりカヴァーされました。

1970年代に入ると、彼は自分の作品ばかりではなく、多くの英米の音楽市場でのヒット・ソングをカヴァーしてフランスに紹介し、一方で、彼の歌「愛しているから、わが子よ」は英語詞がつけられエルヴィス・プレスリーにより歌われました。彼のアルバム『涙の電話』(1974年)は発売後数週間で200万枚以上を売る、彼の生涯における最大の商業的成功作となり、彼は生涯で500曲以上の歌を残しました。

今作はその名曲「マイウェイ」の原曲「いつものように(Comme d'Habitude)」他、代表曲の数々とカヴァー曲などクロード・フランソワの魅力が詰まったベスト・アルバムです。

また クロード・フランソワの波乱に満ちた生涯を描いた映画『最後のマイ・ウェイ』が7月20日(土)からBunkamuraル・シネマ他全国順次公開されます。セザール賞主要4部門でノミネートされ、製作費がフランス映画史上最高額の24億円!2012年フランス最大規模905館で公開され、全仏第一位に輝くなど話題の作品です。

■映画『最後のマイ・ウェイ』公式サイト
saigono-myway.jp

■クロード・フランソワ日本公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/claude-francois

------------------------------
クロード・フランソワ
『ザ・ベスト・オブ・クロード・フランソワ』
2013年6月5日リリース
UICY-15204/5 [2枚組 全34曲収録] ¥3,800(税込)
日本盤のみ解説・歌詞・対訳付 SHM-CD仕様

収録内容
[DISC ONE]
1. Belles, Belles, Belles ベル!ベル!ベル! (エヴァリー・ブラザーズ「恋する乙女」のカヴァー)
2. Moi, Je Pense Encore A Toi  今もぼくは君のことをおもう(フォー・シーズンズ「悲しき慕情」のカヴァー)
3. Marche Tout Droit  まっすぐ歩け
4. Pauvre Petite Fille Riche  哀れな金持ちの娘
5. Si J'Avais Un Marteau もしもハンマーがあったら(ピート・シーガー「天使のハンマー」のカヴァー)
6. Dis-Moi Quand ? いつなのか言ってくれ
7. Chaque Jour C'est La Même Chose  毎日、同じことの繰り返し
8. J'Y Pense Et Puis J'Oublie   君のことを思いそして忘れる
9. Donna Donna ドナ・ドナ
10. Je Sais わかってるよ
11. Les Cloches Sonnaient鐘が鳴っていた
12. Quand Un Bateau Passe船が通り過ぎる時(バート・バカラック作「汽車と船と飛行機と」のカヴァー)
13. Même Si Tu Revenais  もし君が帰ってきても
14. Geordie ジョルディ
15. Le Jouet Extraordinaire不思議なおもちゃ
16. Tout Le Monde Rit D'Un Clown みんなピエロを見て笑う(スモーキー・ ロビンソン&ザ・ミラクルズ「涙のクラウン」のカヴァー)
17. Mais N'Essaie Pas De Me Mentir でもうそをつこうとするのはやめて(バート・バカラック作「メイク・イット・イージー・オン・ユアセルフ」のカヴァー)

[DISC TWO]
1. Comme D'Habitude いつものように(名曲「マイ・ウェイ」の原曲)
2. J'Attendrai 待ってる(フォー・トップス「リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア」のカヴァー)
3. Sur Le Banc 21  21番ベンチで
4. Car Tout Le Monde A Besoin D'Amour  だってみんな愛が必要だから(フォー・トップス「ベイビー・アイ・ニード・ユア・ラヴィング」のカヴァー)
5. Mais Quand Le Matin  けれど朝には
6. Serre-Moi Griffe-Moi首をしめて ひっかいて
7. Eloïse エロイーズ
8. Reste 行かないで
9. Cherche探せ(ジョー・テックス「ショー・ミー」のカヴァー)
10. Avec La Tête Avec Le Coeur頭と心
11. Tout Eclate Tout Explose すべてが破裂し爆発する(トロイ・キーズ「ラヴ・エクスプロージョン」のカヴァー)
12. Une Petite Larme M'A Trahi一粒の涙がぼくを裏切った(ハンク・コクラン「泣きたかないんだ」のカヴァー)
13. Si Douce A Mon Souvenir ぼくの思い出はこんなに甘い(ジョン・ハートフォード「ジェントル・オン・マイ・マインド」のカヴァー)
14. Et Je Ne Pense Plus A Toi そしてぼくはもう君のことを考えない(グラハム・ナッシュ「シカゴ」のカヴァー)
15. C'Est La Même Chanson同じ歌なのに(フォー・トップス「イッツ・ザ・セイム・オールド・ ソング」のカヴァー)
16. Il Fait Beau, Il Fait Bon  うらら・うららか
17. Stop Au Nom De L'Amour愛の名のもとにストップ(ダイアナ・ロス&シュープリームス「ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」のカヴァー)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング