1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

<「進研ゼミ小学講座」 小学生の夏休み調査2021>夏休みの宿題で一番楽しいのは自由研究、大変なのは読書感想文

PR TIMES / 2021年7月27日 18時15分

~コロナ禍の中でも、友達や家族と一緒にできる体験が楽しみ~

 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社長:小林仁)が提供する通信教育講座「進研ゼミ小学講座」は、小学3~6年生の会員を対象として、2021年7月14日~16日に2021年の夏休みに関する小学生の意識調査を実施し、8195人から回答いただきました。
 その結果を「宿題編」と「生活編」に分けてランキングとともに発表します。
 各ランキングからは、コロナ禍の中でも、友達や家族と一緒にできる夏休みならではの体験を楽しみにしていたり、目標を持って過ごそうとしていたりする前向きな様子が伝わってきます。



【宿題編】
■「漢字・計算」などの国語・算数の問題は、宿題がある小学生の約9割に課されている。

■一番大変だと思うのは「読書感想文」の宿題。
理由は、何をどのように書いたらよいかがわからない、作文を書くのは苦手だから。

Q:夏休みの宿題は何が出ていますか(選択式、複数回答)

[画像1: https://prtimes.jp/i/120/931/resize/d120-931-348884ccecbb89dea26b-8.jpg ]

※数字は「ない・わからない」と回答した人を除いた5507人中の割合


Q:夏休みの宿題で一番大変/楽しいと思うものは何ですか。(選択式、それぞれ単一回答)

[画像2: https://prtimes.jp/i/120/931/resize/d120-931-3b0f12beea742665b747-9.jpg ]

※数字は「ない・わからない」と回答した人を除いた7064人中の割合

[画像3: https://prtimes.jp/i/120/931/resize/d120-931-eaf9f0a9f4e49222360a-10.jpg ]

※数字は「ない・わからない」と回答した人を除いた7256人中の割合

■「自由研究・工作」の宿題へのとらえ方は二極化。「一番大変な」宿題では読書感想文に次いで2位にランクインする一方で、約4割は「一番楽しい」宿題として回答。楽しい理由は、好きなことに自由に取り組めるから、大変な理由は、テーマを考えたり決めたりするのが難しいから。


【生活編】

■夏休みの楽しみNo.1は「友達」と遊ぶこと、祖父母に久しぶりに会うのも楽しみ

Q:夏休みに楽しみにしていることは何ですか(自由回答)
[画像4: https://prtimes.jp/i/120/931/resize/d120-931-b415b4c697d977cdd38b-11.jpg ]

 「夏休みに楽しみにしていること」について、自由回答の中で頻出している言葉を調べたところ「友達」が1位でした。一緒に「遊びに行く」「プールに行く」「お泊り会をする」など、時間のある夏休みならではの楽しみがあげられていました。
 また久しぶりに「祖父母に会う」ことを楽しみにする声も見られました。コロナ禍2年目の夏ですが、高齢者のワクチン2回接種が進み、祖父母との再会を検討中のご家庭も増えているのかもしれません。


■一番好きなスポーツは「水泳」、あこがれているスポーツ選手1位は野球の「大谷翔平選手」

Q:一番好きなスポーツは何ですか(選択式、単一回答)
[画像5: https://prtimes.jp/i/120/931/resize/d120-931-265b37fac7d2c143e142-12.jpg ]



 「一番楽しい夏休みの宿題」2位に選ばれていた「運動」。小学生が好きなスポーツについて調査しました。
 好きなスポーツの1位は、2位以下と大差をつけて「水泳」でした。習っている小学生が多いこともあり、また夏休みの楽しみとしても「プール」の声が多くあがるように、小学生にとって身近なスポーツであるといえます。


Q:一番あこがれているスポーツ選手は誰ですか(自由回答)

[画像6: https://prtimes.jp/i/120/931/resize/d120-931-773a613fc72f10132330-13.jpg ]

 一番あこがれているスポーツ選手の1位はアメリカのメジャーリーグで活躍中の「大谷翔平」選手(野球)でした。好きなところは「ホームランをたくさん打っていてカッコいいところ」や「二刀流」についてたくさんの声が寄せられました。
 2位の「大坂なおみ」選手(テニス)は「どんな相手でもあきらめないで勝つところ」、3位の「池江璃花子」選手(競泳)は「病気に打ち勝って努力しているところ」が主なあこがれの理由としてあげられていました。

 「進研ゼミ小学講座」は、今回の調査結果からも浮かび上がる、小学生の「前向きにチャレンジする気持ち」を大切に小学生の生活や気持ちに寄り添い、一人ひとりに合った教材サービスで今後も小学生の学習・生活を支援してまいります。


■夏休みのおうち学習習慣や生活リズムづくりを支援する「進研ゼミ 小学講座」 https://sho.benesse.co.jp/

 全国の小学生の5人に1人が受講する「進研ゼミ小学講座」は、小学1年生から小学6年生まで継続してご利用いただける家庭学習サービスです。お子様の学校の教科書や授業の進度、お一人おひとりの理解度や目標に合わせて楽しく学べるため、自分から学習する習慣が身につき、しっかり学力を伸ばせます。
 8月号では、夏休み中のお子さまの生活リズム・学習習慣づくりを支援するため、毎日机に向かいたくなるやる気アップイベントや、週1回のペースメイクになるオンラインライブ授業を組み合わせた、「30日やる気エンジン」を提供。コロナ禍による休校影響で起きている学習の進度の遅れやつまずきに関する困りごとにも、きめ細かく対応しているので安心です。また、お子様のいまのレベルに合わせて英語4技能をバランスよく伸ばせるデジタル学習教材やプログラミング学習教材、読書感想文にも役立つ電子図書館まなびライブラリーなど、多様な学びと体験のサービスが受講費内で利用できるため、充実した夏休みを過ごすことができます。


参考情報:自由研究や読書感想文の宿題にお役立ていただけるサービス

◆「夏休みの自由研究 カンタン!解決ガイド」 https://benesse.jp/jiyukenkyu/
240以上の自由研究のテーマや実験の動画をご用意しています。タイプ診断や好きなキーワードで、お子さまにぴったりの自由研究のテーマが見つかります。「進研ゼミ」会員以外の方もご利用可能です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/120/931/resize/d120-931-0856150278e0d4e28e79-16.png ]



◆「電子図書館まなびライブラリー」 https://benesse.jp/zemi/library/

[画像8: https://prtimes.jp/i/120/931/resize/d120-931-f4768321e09bc46cbfea-17.jpg ]

「進研ゼミ」会員向けの電子書籍サービスです。約1000冊の書籍や動画を進研ゼミ提供のタブレットやご自宅のデバイスから自由に閲覧できます。夏の読書、読書感想文の本選びにもおすすめです。
 絵本・ジュニア小説・文芸書・歴史・科学など幅広いジャンルから掲載しており、自分の読書履歴が残せること、貸出中(予約待ち)がないこと、などの利便性から、子どもたちや保護者から高い評価をいただいております。2021年4月度では約65万人の小・中・高校生が利用しています。(登録者数は約114万人)


◆「読書感想文 書き方特集」 https://benesse.jp/dokusho/
 読書感想文の書き方を4つのステップでお伝えしています。苦手意識を持つお子さまでも自然と書く力を身につけられるフォーマットもご用意しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング