いま伝えたい、遺したいNippon遺産を『家庭画報 国際版』が世界へ発信!

PR TIMES / 2020年10月1日 12時45分

『KATEIGAHO INTERNATIONAL Japan EDITION Autumn / Winter 2020』2020年10月1日(木)発売

株式会社世界文化社は、『KATEIGAHO INTERNATIONAL Japan EDITION Autumn / Winter 2020』を10月1日(木)に発売します。“Spotlight on Heritage”と題し、日本が誇る絶景遺産や人間国宝の技、伝統文化から豊かな食文化を育む農水産品までを大特集。さまざまな視点から、日本の魅力を紹介します。




Weaving the Colors of Life “いのちの色” を紡ぐ人―人間国宝 志村ふくみ



[画像1: https://prtimes.jp/i/9728/931/resize/d9728-931-447489-2.jpg ]

2020年で95歳を迎えた人間国宝・志村ふくみ。。草木染めにこだわり、紬織りを芸術の域にまで高めた先駆者は、1990年に人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定され、2015年秋には文化勲章を受章しました。若き日に突き動かされるように始めた織りの中に、どのような美を求めたのかーー。偉大なる日本の染織家の軌跡と未来への取り組みを、美しい作品とともにお届けします。
Fukumi Shimura, now 95 years of age, has dedicated her life to weaving cloth from tsumugi spun-silk thread dyed with plant-derived natural pigments. A pioneering figure who has elevated tsumugi weaving into an art, she was designated a Living National Treasure by the Japanese government in 1990. She was also awarded the Order of Cultural Merit in 2015.
In this feature, we explore the ideal of beauty that Shimura has pursued ever since setting out to become a dyer-weaver. We present an overview of her career and her efforts to ensure a future for her craft, and showcase some of her exquisite creations.


Fruitful Discovery 日本のフルーツ礼賛―ピエール・エルメの旅


[画像2: https://prtimes.jp/i/9728/931/resize/d9728-931-193235-0.jpg ]

丁寧に手をかけることで、姿美しく、風味豊かに実る日本のフルーツは、この国が誇る独特の農産物のひとつ。スイーツの巨匠ピエール・エルメさんが、冬の青森、新潟、宮崎を旅し、各地で旬のフルーツと出会い、そこからインスパイアされたスイーツを披露します。
Nurtured with loving care, Japan's beautiful and delicious fruits are among the country's proud agricultural achievements. On a visit to Aomori, Niigata, and Miyazaki, world-renowned pâtissier Pierre Hermé marvels at each region's fabulous fruit in season, then presents a trio of sweets inspired by his new discoveries.


Azuma-odori Geisha Entertainment 東をどり 新橋芸者によるエンターテインメント


[画像3: https://prtimes.jp/i/9728/931/resize/d9728-931-596858-1.jpg ]

毎年初夏の頃、新橋演舞場が華やかな大料亭へと変わるのをご存じでしょうか。艶やかな芸者衆が、三味線の音色に合わせ舞台で優雅に舞い、新橋の料亭が誇る料理と美酒が会場に花を添えます。普段は限られた人しか体験できない、芸者たちの芸とおもてなしが披露される東をどりは、2025年の記念すべき第100回目の公演に向けて、より一層の盛り上がりを見せています。この特別な催しを支え続ける、新橋のベテラン芸者と東京新橋組合の頭取に話を聞きました。
At the start of summer, the Shinbashi Enbujo Theatre is transformed into a magnificent outsized version of a traditional ryotei restaurant. This stunning event, known as the Azuma-odori, features troupes of gorgeously attired geisha dancing gracefully on stage to the music of the shamisen; meanwhile, the finest food and beverages from local Shinbashi ryotei provide the perfect accompaniment. The 2021 performance of the Azumaodori will be its 96th staging, with excitement mounting in the lead-up to the centenary. We spoke with veteran geisha Kokimi, along with Shingo Okazoe, president of the Tokyo Shinbashi Kumiai.


【Book in a Book】
This issue's contents in Japanese/家庭画報国際版 2020 年秋冬号 日本語テキスト付き
本文を日本語でも読めるよう、巻末に日本語テキストがついています。英語学習、日本語学習にもお役立ていただけます。日本の魅力を伝えるコミュニケーションツールとしても御活用ください。


KATEIGAHO INTERNATIONAL Japan EDITIONとは
日本の文化を日本人の視点で世界に向けて発信する、唯一の雑誌として創刊。『家庭画報』から受け継ぐハイクオリティーなコンテンツ、大判で美しいビジュアルと、洗練された英語表現で、日本の素顔を世界中の読者に伝える定期ムックです。食の伝統文化や職人技が生み出す意匠から、四季を愛でる旅、注目のエリア案内まで、幅広いジャンルのトピックスを多角的に紹介します。

[画像4: https://prtimes.jp/i/9728/931/resize/d9728-931-141996-3.jpg ]

『KATEIGAHO INTERNATIONAL Japan EDITION Autumn / Winter 2020』
■定価/1,200円+税
■発行/世界文化社
■公式HP/ https://int.kateigaho.com/ja/
■公式Instagram/ https://www.instagram.com/kije_magazine/

<目次>
Spotlight on Heritage
・014  Weaving the Colors of Life
・026  Fruitful Discovery
・034  All-Star Flavor
・042  Traditional Performing Arts
・054  A Legacy in Wood  など

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング