2.5次元ミュージカルで人気の佐藤流司さんがAERAの表紙に登場!撮影は蜷川実花

PR TIMES / 2020年3月13日 17時25分

特集は「新型ウイルス」「数学を捨てるな」。羽生選手のコーチ独占インタビューも!/3月16日発売号で

3月16日発売のAERA 3月23日号の表紙に、「テニスの王子様~2ndシーズン~」「ミュージカル『刀剣乱舞』」など2.5次元ミュージカルで人気の佐藤流司さんが登場します。3ページのカラーグラビア&インタビューも掲載。「2.5次元の醍醐味」を語り尽くしていただきました。撮影はいずれも蜷川実花です。この号の特集は「新型ウイルス」と「数学を捨てるな」。WHOが「パンデミック」の認識を示すまでに拡大した新型ウイルスについて、「特効薬の現実味」や経済への影響について取材しました。「数学を捨てるな」では、早稲田政経が入試で数学を課す、メガバンクが理系採用枠を拡大するなど、いわゆる「文系」でも数学からは逃げられない実態や、数学的思考が社会のあり方を変えていく様をレポートしています。フィギュアスケート世界選手権は中止になってしまいましたが、羽生結弦選手の「いま」について、コーチのブライアン・オーサー氏が語るインタビューも掲載しています。



[画像: https://prtimes.jp/i/4702/933/resize/d4702-933-118390-0.jpg ]

「忍たま乱太郎」「テニスの王子様~2ndシーズン~」「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」「ミュージカル『刀剣乱舞』」……と名だたる2.5次元ミュージカルで活躍してきた佐藤流司さん。ドラマや映画への出演はもちろん、バンドのボーカルも務めるなどその活動は多彩です。インタビューでまず語ったのは、2.5次元作品との向き合い方。自分を捨てて役に完璧に染まるために、原作から設定集まで、あらゆる資料を読み込み、アニメを見て、ゲームもプレイするのが佐藤さんの流儀。キャラクターという縛りがある中で、どう見せていくか。がんじがらめだからこそ面白い、と佐藤さんは言います。原作のキャラクターとイメージが違うとバッシングを受けた経験、そのバッシングを力に変えてきたこと、ある演出家との出会いなど、エピソードの一つ一つは「芯の強さ」を感じさせるのですが、意外にも自己分析では「メンタルは弱い」。それでも「難しいほう」を選んでしまうという佐藤さん。インタビューの最後には「野望」も語っています。

この号の巻頭特集は「入試でも仕事でも数学を捨てるな」。あらゆることがデジタル化され、データサイエンスやAIなしには成り立たなくなっているいま、基礎となる「数学」を理解する必要性が増しています。かつては、数学を捨てても「私立文系」という逃げ道がありましたが、その「私立文系」の最難関、早稲田大学政治経済学部は21年に実施する入試から、数学を必須とすることをすでに発表しています。企業の採用意欲が高いのも、「統計学などの素養のある理系人材」。いまから数学なんてもう無理!と感じているあなたには、「問いや仮説を立ててデータを集め、それを読み解く」という数学的思考が身につく「学び直し講座」が用意されています。

WHOが「パンデミックの認識」を示した新型ウイルスの最前線も取材。投与の事例が報告されている抗インフル薬や抗HIV薬の効果、特効薬開発の現実味、終息の見通しなどについて、専門家に聞きました。感染拡大と同様に日々深刻化する経済への影響、急速に広がったテレワークの実態についてもレポートしています。

WHOの「パンデミック」宣言直後のフィギュアスケート世界選手権中止の発表に、がっかりしている方は多いことでしょう。この号では、羽生結弦選手のコーチであるブライアン・オーサー氏への独占インタビューも掲載しています。全日本選手権での演技を終えて羽生選手が漏らした一言、シーズン途中のプログラム変更の舞台裏、そして世界選手権での挑戦が期待されていた4回転アクセルの「完成度」などについて、率直に語っています。

ほかにも、

本家ミシュランガイド日本人初三つ星「KEI」の厨房に「2分後だ」の声が響いた
【桜を見る会】立憲・福山幹事長が安倍首相に突きつけた明細書
娘への性暴力「無罪」一転「有罪」を勝ち取ったフラワーデモの1年
池田大作研究 世界宗教への道を追う 連載第12回 「世界宗教への三つの契機」

などの記事を掲載しています。

AERA(アエラ)2020年3月23日号
定価:364円+税
発売日:2020年3月16日(月曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/B084DG2NVL

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング