PubMatic社とソネット・メディア・ネットワークスが業務提携 世界3大SSP『PubMatic』を日本市場で独占提供 http://so-netmedia.jp

PR TIMES / 2014年1月21日 13時51分

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:
地引 剛史)は、この度、PubMatic社(本社:米国カリフォルニア、CEO:Rajeev Goel)が運営するSSP (※1)『PubMatic』の日本国内での独占提供に関して基本合意に至りました。


『PubMatic』は、世界6ヵ国で提供されているSSPです。広告媒体社 が所有する広告枠の収益最大化を目的とした各種機能をはじめ、今後日本市場でも拡大が見込まれる「プライベートマーケットプレイス機能」を搭載され、一元管理できることが特徴です。『PubMatic』が提供するSSPを通じて世界合計、約1,000億インプレッションの広告枠が管理・運用され、様々な広告媒体社 の収益最大化に貢献しています。


日本国内では、DSP(※2)の普及により、WEB広告枠のRTB(※3)取引が急成長しています。一方、広告媒体社では、RTB取引時における広告枠の自社直接販売への影響や、端末別(PC、モバイル、スマートフォンなど)の広告枠コントロール、複数タグ設置によるクリエイティブ表示遅延の懸念など、様々な課題をもっています。『PubMatic』では、このような課題を解決するために、以下の機能などを搭載しています。


■ プライベートマーケットプレイス機能
プレミアム在庫(付加価値の高い広告枠)を、広告主と広告媒体社が1対1で取引する機能です。通常のRTB取引とは別の環境で取引相手を指定するため、広告枠の価値を維持することが可能です。さらに、指定した広告主から申請されるクリエイティブのみの審査を行うため、配信までに発生する広告クリエイティブ掲載審査が短縮され、運用負荷を軽減できます。

■ ブランドコントロール機能
広告媒体社が、必要な条件を設定して、自社の広告媒体価値を維持することができる機能です。端末別の取引条件や広告枠の設定を一元管理でき、広告配信後のクリエイティブ表示状況を監視し、リアルタイムな状況を把握ができます。広告媒体社は、SSP『PubMatic』の導入により運用面やコスト効率の最大化に優れたRTB(※3)取引を実現することが可能になります。


今回の業務提携により、当社は日本での『PubMatic』の戦略的パートナー企業となります。
なお、日本国内における『PubMatic』の提供を今春に開始予定です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ソネット・メディア・ネットワークス 概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2000年3月に設立。インターネットサービスプロバイダー(ISP)を運営するソネット株式会社のグループ会社としてインターネットマーケティング事業を展開しています。国内最古のアドネットワーク事業者として10年以上の実績があるほか、RTBの市場拡大に先駆け、DSP「Logicad」(ロジカド)を自社開発し、独自のポジションを築いています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング