GMO JMI、『通信販売と共同購入クーポンに関する調査』を東アジア主要4カ国・地域で実施

PR TIMES / 2012年1月19日 14時29分

2012年1月19日
報道関係各位

GMOジャパンマーケットインテリジェンス株式会社
=================================================================
GMOジャパンマーケットインテリジェンス
『通信販売と共同購入クーポンに関する調査』を
東アジア主要4カ国・地域で実施
=================================================================
 GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMO
リサーチの連結子会社、GMOジャパンマーケットインテリジェンス株式会社
(東京都渋谷区、代表取締役社長 細川慎一、以下GMO JMI)は、GMO JMIが
保有する日本・中国・韓国・台湾のモニターおよび提携モニターを対象に
「通信販売と共同購入クーポンに関する調査」を実施いたしました。

     ●調査対象:19歳以上の男女 4,000名
     ●調査期間:2011年10月20日~2011年11月11日
     ●調査方法:インターネット調査
     ●調査国:日本、中国、韓国、台湾

【まとめ】
<オンラインショッピング(通信販売)に関する調査>(参考資料:図1~4)
-------------------------------------------------------
■オンラインショップの利用頻度と、利用する理由(図1、2)
-------------------------------------------------------
・ 月に1回以上利用する人は日本と台湾では約6割、中国・韓国では8割を超
 える結果となり、中国・韓国における消費者のオンラインショップ利用
 頻度は非常に高いことが窺える。
・ オンラインショップを利用する理由として、すべての調査対象国・地域に
 おいて、「値段が安い」ことと「好きな時間に購入できる」ことが多く
 挙げられた。
・ 日本を除く3カ国・地域では、「実際の店舗より選びやすい・見つけやす
 い」という理由が約3割~4割と多く、また似たような理由として「商品
 間の比較が簡単」なことも2~3割という結果になっている。
・ 日本では他の3カ国・地域と比べて「配達してくれるので楽」という理由
 も多く、3割を超えている。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング