頑張っても「だらだら歩き」ではやせません。正しく歩くだけで、体の中も外もみるみる変わる「骨盤腸整ウォーキング」登場!

PR TIMES / 2020年10月8日 10時45分

2020年10月8日(木)発売『10歳若返る骨盤腸整ウォーキング』

株式会社世界文化社は、書籍『10歳若返る骨盤腸整ウォーキング』を2020年10月8日(木)に発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/9728/937/resize/d9728-937-718684-0.jpg ]

運動不足だからと公園を歩いたり、ジムで運動しても効果が出ない……という悩みのある方は少なくありません。でも、体重移動しないペタペタ歩き、腕を振らないだらだら歩き、ねこ背などの悪い姿勢を続けると、やせるどころか骨盤がゆがみ、O脚や腰痛、便秘やぽっこりお腹など、さまざまな不調や老化現象を招きます。
効果的に歩くには、頭が骨盤の真上に来るよう骨盤を垂直に立てて、背中側の筋肉をしっかり使うのが最大のポイント。体が引き締まって若返るだけでなく、内臓が正しい位置に戻って腸まで活性化されるんです。

正しく歩くことで体の中も外も変わる「骨盤腸整ウォーキング」を提唱するのが、著者の山崎 美歩呼さん。50代半ばとは思えないスタイルの持ち主ですが、40代までは産後太りで15kg以上も太っていて、ひどい便秘に悩むダイエット難民のひとりでした。そして、試行錯誤の末にたどり着いた方法が、時間や歩数にとらわれず「背中側の筋肉を使って正しく歩くこと」。一生続けられる、健康と若さを保つレッスンは必見です!

<骨盤腸整ウォーキング体験者の声>

[表: https://prtimes.jp/data/corp/9728/table/937_1.jpg ]




老化現象でもある体形のお悩みトップ3は「ねこ背」が元凶


[画像2: https://prtimes.jp/i/9728/937/resize/d9728-937-246948-1.jpg ]


■意識すべきは、背中・お尻・足の3か所。デブや老化を招く犯人は背中側にいたんです!
効果的に歩くためには、ふだん意識していない背中側の筋肉を使い、肩甲骨や骨盤、股関節や足首をきちんと連動させる必要があります。でも、ふだん悪い姿勢や動きをしていると関節や筋肉が固まってしまい、うまく動かすことができません。本書ではまずは正しく歩ける体にするため、起きてから寝るまでの隙間時間に続けられる、骨盤や肩甲骨、足首をほぐす「ながらエクササイズ」をご紹介します。

体調や予定に合わせて室内でできるので、わざわざジムに行ったり、道具を準備する必要なし! 日常的に体をほぐすことで正しく歩けるようになり、外見はもちろん体の内側まで生き生きと若返ります。運動が苦手な人や、ムリせず健康になりたい中高年にも最適。骨格矯正の専門家としてのべ1万人の施術実績がある理学療法士の清水賢二先生がエクササイズを監修し、著者の山崎先生の詳しい解説や動きをスマホで視聴できるQRコードつきなので、本と併せてポイントをしっかり確認できるのも安心です。


正しく歩くためには、体の動きをよくするエクササイズが大切です


[画像3: https://prtimes.jp/i/9728/937/resize/d9728-937-129692-2.jpg ]

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=Fc36u370ucA ]


■見た目が若返り、体の内側も健康にしてくれる「正しい歩き方レッスン」
骨盤腸整ウォーキングは、時間や体力、特別な道具がなくても一生続けられる、まさに時短と節約を兼ねた究極のトレーニング法です。動きやすいウェアに着替えたら、さっそく歩き方レッスンを始めましょう!体がゆがんだり、ねこ背のままでは正しく歩けないので、まずは「壁立ち」からスタートして姿勢を確認します。
正しい歩き方のポイントは3つ。1.足幅は靴1足分 2.着地はかかとから 3.手をしっかり後ろに振る。
最初は一つずつ確認しますが、慣れれば自然にできるようになります。かかとから着地して手を後ろに大きく振ると、足首や肩甲骨が動いて体の後ろ側の筋肉をしっかり使えるので、若々しい体をキープできます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/9728/937/resize/d9728-937-240212-3.jpg ]


<著者・監修者プロフィール>
[画像5: https://prtimes.jp/i/9728/937/resize/d9728-937-775329-4.jpg ]

著者:山崎 美歩呼(やまさき みほこ)
一般社団法人 日本姿勢改善ウォーキング協会 代表理事
スポーツインストラクターや骨盤、小顔矯正のセラピストとして活動し、筋肉や骨盤など理学療法の観点から体の動きを研究。 2015年、骨盤と腸の関係に着目した独自のウォーキングプログラム「骨盤腸整ウォーキング」を提唱。地元・福岡と東京、下関で、ウォーキングレッスン及びインストラクター養成を行う。年間延べ7000人にレクチャーし、有名企業や大学、行政主催でのイベントも多数開催。「FMコミてん」でのラジオパーソナリティーやテレビ出演のほか、全国各地で講話も行っている。
◆骨盤腸整ウォーキング公式HP  https://walking-fukuoka.com/
◆インスタグラム @walkingmihoko  ◆Twitter @walkingmihoko

監修:清水 賢二(しみず けんじ)
理学療法士、ナチュレル フェール代表
理学療法士として医療現場で活動、整形外科部門長を務める。骨格矯正の専門家としてのべ1万人の施術実績があり、現在は骨盤調整(全身骨格調整)と頭蓋骨調整の施術を行う美容整体サロン「ナチュレル フェール」を運営。ゴッドバンドといわれる施術は3ヵ月待ちにもなり、健康誌や女性誌を通じて手首や足首に関する独自の理論を提唱。その理論をセルフケアで実践するためのホームケア商品の開発も手掛ける。近著に『肩こりはもまずに治せる!』(講談社)がある。
◆ナチュレル フェール公式HP  http://www.naturelfaire.net/
◆Twitter @restyler48


<目次>
プロローグ「あなたの体の事件簿」 デブや老化を招く犯人は誰?
第1章 歩き始める前に! 毎日のながらエクササイズ
 寝起きスイッチ、ニーホールド、ペットボトルプレス、トカゲエクササイズ、直角ムーブなど
第2章 いよいよ歩きます! 骨盤腸整ウォーキングの極意
 正しい歩き方レッスン、やりがちなNGウォーク、老いを加速させる残念な体の使い方など
第3章 さらに早く若返る! 家中でのしっかりエクササイズ
 骨盤前傾・後傾、リターンウォーク、ダブルスクリュー、肘鉄エクササイズなど
第4章 骨盤腸整ウォーキングの効果を高めるヒント
 ウォーキングの素朴な疑問Q&A、骨盤腸整ウォーキング体験者の声など

[画像6: https://prtimes.jp/i/9728/937/resize/d9728-937-718684-0.jpg ]


<刊行概要>
『10歳若返る骨盤腸整ウォーキング』
■発売:2020年10月8日(木)
■定価 :1,200円+税
■発行 :株式会社世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418204180
※一部書店により発売日が異なります

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング