楽天、ライブ動画配信サービス「Rakuten LIVE」の提供を開始

PR TIMES / 2019年5月17日 13時40分

- リアルタイムでのコミュニケーションやライブコマース機能を実装 -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、本日、ライブ動画配信サービス「Rakuten LIVE(楽天ライブ)」の提供を開始しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5889/944/resize/d5889-944-917720-0.png ]


 「Rakuten LIVE」は、アーティストやタレント、一般ユーザーが「ライバー」(注1)としてライブ動画を配信し、視聴者とコミュニケーションを取ることができるライブ動画配信サービスです。視聴者は配信者に対してコメントや「ギフト」(注2)と呼ばれる応援アイテムをリアルタイムに送ることができ、双方向のコミュニケーションが可能です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5889/944/resize/d5889-944-301045-1.png ]


 ライブコマース機能を使用した配信者の動画からは、視聴者はアプリ内から販売サイトに簡単にアクセスし、配信中に紹介されている商品を、動画を見ながら購入することもできます。アーティスト、タレントなどの配信者は、商品のイメージや利点をプロモーションによって視聴者に訴求することで、双方向のコミュニケーションを通じて効果的な販売促進につなげることが可能です。また「Rakuten LIVE」のライブコマース機能は、楽天グループの各サービスとも連携します。今後インターネット・ショッピングモール「楽天市場」の出店店舗による動画配信も予定しており、「楽天市場」をはじめ、「楽天ブックス」、「楽天チケット」など様々なECサービスと連携することにより、多様なライブコマース体験を提供していきます。

 SNSや動画共有サービスなどの普及により、誰でも気軽にコンテンツを発信できる時代になっています。また、これまで身近ではなかったアーティストやタレントなどとの双方向のコミュニケーションも可能になりました。「Rakuten LIVE」は、ユーザーの参加を促進するライブエンタテインメント体験に加え、楽天だからこそ提供できる多様なライブコマースを組み合わせ、新しい時代のライブ動画配信サービスを実現します。

 楽天は、「Rakuten LIVE」をはじめとする様々なコンテンツサービスの提供を通じて、今後も新たなエンタテインメント体験を提供してまいります。

(注1)「ライバー」は、ライブ動画配信サービスを通じて動画を配信する配信者です。
(注2)「ギフト」は、「Rakuten LIVE」独自の「メダル」の購入を通じて入手することができる有料の応援アイテムです。視聴者は配信者に対して「ギフト」を送ることができます。


■「Rakuten LIVE(楽天ライブ)」について
サービス開始日:2019年5月17日(金)
URL: https://live.rakuten.co.jp
概要:
アーティストやタレント、一般ユーザーによるライブ動画の配信、および視聴者とのリアルタイムコミュニケーションやライブコマースが可能なライブ動画配信サービス
配信者(「ライバー」):アーティスト、タレント、一般ユーザー
対応アプリ:
iOS版( https://itunes.apple.com/app/id1444274060
Android版( https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.rakuten.livestreaming

※iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※Androidは、Google LLC.の商標です。


以 上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング