1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

静止画撮影・映像制作のニーズに応えるズームレンズ“RF24-105mm F2.8 L IS USM Z”と快適なズーム制御をサポートするパワーズームアダプター“PZ-E2”/“PZ-E2B”を発売

PR TIMES / 2023年11月2日 17時45分

キヤノンは、「EOS Rシステム」の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、静止画撮影はもちろん、映像制作現場のニーズにも応える大口径標準ズームレンズ“RF24-105mm F2.8 L IS USM Z(※1)”を2023年12月上旬に、パワーズームアダプター“PZ-E2(※2)”/“PZ-E2B(※2)”を2024年3月に発売します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/13980/951/resize/d13980-951-a909b1018f004bc06154-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/13980/951/resize/d13980-951-25126510516c03c582bb-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/13980/951/resize/d13980-951-34e7184b288bd58a087e-2.jpg ]


[画像4: https://prtimes.jp/i/13980/951/resize/d13980-951-0819658e712617491c48-3.jpg ]

“RF24-105mm F2.8 L IS USM Z”は、広角24mmから中望遠105mmまでの焦点距離を1本でカバーしながら、ズーム全域で開放F 値2.8を実現する大口径標準ズームレンズです。幅広い撮影シーンで高画質を実現する静止画撮影に加え、ボケ味や露出の調整をより直感的にコントロールできるアイリスリング(絞りリング)の搭載や、パワーズームアダプター“PZ-E2”/“PZ-E2B”への対応により、快適な動画撮影を実現します。

■ 24mmから105mmの焦点距離をカバーしながらズーム全域で開放F 値2.8と高画質を実現
「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカス(※3)を生かし、撮像面の近くに大口径レンズを配置することで、24mmから105mmの焦点距離をカバーしながらズーム全域で開放F値2.8を実現し、静止画・動画撮影における幅広い撮影ニーズに対応します。さらに、「非球面レンズ」3枚、「UDレンズ(※4)」4枚を効果的に配置した18群23枚の光学設計により、画質に定評のある「RF24-70mm F2.8 L IS USM」(2019年9月発売)と同等の高画質を達成しています。

■ 手ブレ補正機構やアイリスリングなどの搭載により快適な撮影を実現
レンズ内光学式手ブレ補正機構により5.5段(※5)、ボディー内手ブレ補正機構を搭載しているEOS Rシリーズ(※6)のカメラとの組み合わせでは、カメラとレンズによる協調制御を実現し、「EOS R3」(2021年11月発売)装着時は、8.0段(※7)の手ブレ補正効果を発揮します。さらに、シネマレンズに近い軽く滑らかな操作性を実現するアイリスリングをRFレンズとして初めて搭載し、動画撮影時におけるボケ味や露出の調整をより直感的にコントロールすることが可能です。

■ 高度なズーム制御と優れた操作性を実現するパワーズームアダプター“PZ-E2”/“PZ-E2B”
撮影者の意図に合わせて、無段階に低速から高速まで細かくズーム速度の調整ができ、動画撮影時の高度なズーム制御と優れた操作性を実現しています。ズーム駆動には、放送用レンズやシネマレンズで実績のあるDCモーターを採用し、素早いズーム操作と、滑らかな低速ズームを両立しています。また、簡単な着脱と小型・軽量設計を実現することで、手持ち撮影やリグ・三脚・ジンバルなどを使用した撮影など、さまざまな撮影スタイルに対応します。

※1. 対応カメラやそれぞれのカメラに対応する機能については、キヤノン公式WEBサイトをご確認ください。
※2. 対応レンズは、“RF24-105mm F2.8 L IS USM Z”。2023年11月2日時点。“PZ-E2B”は20pin端子を搭載。
※3. 最後部のレンズ面の頂点から撮像面までの光軸上の距離が短いこと。
※4. UD(Ultra low Dispersion=特殊低分散)ガラスを用いたレンズ。
※5. 焦点距離105mm、「EOS R」(2018年10月発売)使用時、CIPA規格に準拠(Yaw/Pitch方向)。
※6. 協調制御対応カメラはキヤノン公式WEBサイトをご確認ください。
※7. 焦点距離105mm、CIPA規格に準拠(Yaw/Pitch方向)。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/13980/table/951_1_0c051d1cd58a3fd8f8f23339d6e69ece.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください