なかまぁる Short Film Contest 2020ショートストーリー部門「SOMPO認知症エッセイコンテスト」特別サポーターに菊池桃子さんが就任決定!

PR TIMES / 2020年10月10日 11時45分

菊池桃子さんが受賞作品の朗読を行います。

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)が運営する認知症に特化したウェブメディア「なかまぁる」( https://nakamaaru.asahi.com)は、国内で唯一認知症をテーマに絞ったショートフィルムを募る「なかまぁる Short Film Contest2020」( https://nakamaaru.asahi.com/nakamaaru/extra/shortfilm2020/index.html)を開催しています。

新設した「ショートストーリー部門」は、SOMPOホールディングス株式会社、SOMPOケア株式会社、SOMPOひまわり生命保険株式会社、損害保険ジャパン株式会社特別協賛のもと、「SOMPO認知症エッセイコンテスト」と題して実施。8月17日(月)から10月15日(木)までエッセイを募集しています。

このたび、多彩な方面で活躍される菊池桃子さんにコンテストの趣旨にご賛同いただき、特別サポーターを務めていただくことになりました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/9214/959/resize/d9214-959-831550-0.jpg ]

菊池桃子さんには特別サポーターとして大賞「SOMPO賞」(1作品)、「SOMPOケア賞」(1作品)、「SOMPOひまわり生命賞」(1作品)、「損保ジャパン賞」(1作品)に選ばれた作品を朗読していただきます。朗読の模様は動画にて収録し、後日なかまぁるにて配信をさせていただきます。


<菊池桃子さんからの応援メッセージ>
寿命が延び、人生が長くなることは本来嬉しいこと。しかし、生きていると困難なことも起こります。心に負担を感じたら、決して一人で抱えずに誰かの知恵に耳を傾けることがとても大切です。認知症をはじめとする、病気や高齢化の悩みは、ご本人だけではなくご家族や周囲への負担も否めません。「世の中は思っていた以上に温かい」と誰もが思い暮らせるような、真の共生社会を考えることが私たちの課題です。


<菊池桃子さんプロフィール>
1968年東京都生まれ。1984年芸能界デビュー。デビュー以来、女優・歌手活動のほか、CM・ラジオ・講演など多彩な方面で活躍。2012年3月法政大学大学院政策創造専攻修士課程修了。その後、母校である戸板女子短期大学の客員教授としてキャリア形成論等の講義を担当している。また本年、メンタルケアカウンセラーの資格を取得。現在、「人生の楽園」(テレビ朝日系)・「菊池桃子のライオンミュージックサタデー」(文化放送)にレギュラー出演中。

【コンテスト詳細】
コンテストでは、「認知症とともに生きる・・・誰もが自分らしく生きられる未来へ」というテーマにもとづく小説や、実体験に基づくエッセイを募集しています。認知症介護をめぐる物語や、認知症・介護の日常の中で親子の絆と感謝を感じたエピソード、認知症のイメージを変えるきっかけにつながるような作品など、幅広い方々に参加いただきたいと考えています。応募作品の中から、事務局が優秀作品、大賞作品を選び、朝日新聞、なかまぁる、SOMPOホールディングスのホームページ等にて発表、全文を掲載します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/9214/959/resize/d9214-959-919920-5.png ]

・募集期間: 2020年8月17日(月)~10月15日(木)予定
・応募条件:400~2,000文字目安/小説でも実体験エピソードでもフィクションでも可。
・賞:大賞「SOMPO賞」20万円、「SOMPOケア賞」10万円、「SOMPOひまわり生命賞」10万円
「損保ジャパン賞」10万円   ※賞の名称、賞金等は変更の可能性があります。
・結果発表:優秀作品を前期後期の2回にわたって選出・発表します。また優秀作品から大賞と各賞を決定します。選出された作品はいずれも、なかまぁる( https://nakamaaru.asahi.com/)・ブックショート( https://bookshorts.jp/)・SOMPOホールディングスHP( https://www.sompo-hd.com/)にて発表、全文を掲載します。
・前期優秀作品(8月17日~9月15日応募分)10月上旬頃発表
・後期優秀作品(9月16日~10月15日応募分)11月上旬頃発表
・大賞・各賞(11月11日頃)
※大賞作品は優秀作品のなかから選考、各賞作品を選定します。

「SOMPOエッセイコンテスト~認知症とともに生きる・・・誰もが自分らしく生きられる未来へ~」の応募概要等はこちら https://www.asahi.com/ads/sompo-ninchishou-essay-contest/

【なかまぁる Short Film Contest 2020】
・主催:なかまぁる編集部(朝日新聞社)
・特別協賛:SOMPOホールディングス株式会社、SOMPOケア株式会社、SOMPOひまわり生命保険株式会社、損害保険ジャパン株式会社
・協力:株式会社パシフィックボイス
・後援:厚生労働省/認知症の人と家族の会/認知症フレンドシップクラブ/認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ/ 日本認知症本人ワーキンググループ/日本意思決定支援推進機構/ 認知症未来共創ハブ
[画像3: https://prtimes.jp/i/9214/959/resize/d9214-959-252988-4.jpg ]


【公募に関するお問い合わせ】
なかまぁる Short Film Contest 事務局(株式会社パシフィックボイス内)
メール:info@bookshorts.jp  ※お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。


[画像4: https://prtimes.jp/i/9214/959/resize/d9214-959-665491-3.png ]

「なかまぁる」は朝日新聞社が2018年9月より運営する、認知症に特化した日本最大級の規模を誇るウェブメディアです。多くの人が認知症を「自分ごと」としてとらえ、誰が、いつ、どこで、認知症になっても自分らしく、安心して暮らしていける「認知症フレンドリー社会」の実現と発展のために、情報発信とコミュニティづくりに取り組んでいきます。
URL : https://nakamaaru.asahi.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング