映画『風立ちぬ』・主題歌「ひこうき雲/荒井由実」、レコチョクランキングデイリー1位・iTunesトップソング1位!リリースから40年を経てデジタルで首位獲得!

PR TIMES / 2013年7月21日 9時44分



スタジオジブリ最新作、宮崎 駿 監督の映画「風立ちぬ」の主題歌「ひこうき雲/荒井由実」が、本日、7月20日(土)の映画公開日に、レコチョクシングルデイリーランキング1位、iTunesトップソング1位を獲得致しました。

この楽曲は、1973年11月20日に発売され、今や歴史的名盤と評されている荒井由実のデビューアルバム『ひこうき雲』の表題曲。ユーミンが高校生の時に創り、その後、シンガーソングライターとしてデビューするきっかけとなった運命の曲です。
その「ひこうき雲」が、映画「風立ちぬ」の主題歌に起用されたきっかけは、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、昨年発売された松任谷由実40周年記念ベスト『日本の恋と、ユーミンと。』で、改めて「ひこうき雲」を聴いたこと。宮崎監督にもこの楽曲を聴いてもらったところ、「これ、主題歌だよ、ぴったりだね」、と。この映画の世界観にあっているということになり、その後、昨年12月に行われた「魔女の宅急便」ブルーレイ発売記念のトークライブのステージ上で鈴木プロデューサーがユーミンに公開オファー。そのハッピーなサプライズに、ユーミンはその場で快諾したのです。

「ひこうき雲」は、映画公開に先駆け、7月3日(水)より初めてデジタルでの楽曲配信をスタート、楽曲に関するSNSでの口コミとともに、ランキングも上がってきていました。また、この楽曲は“風立ちぬヴァージョン”のデジタルジャケットで配信されており、映画でも印象的なシーンのひとつでもある、主人公、二郎と菜穂子のキスシーンが描かれています。ジブリ作品で大人の正統派のキスシーンはこれがはじめてということも話題を集めています。

リリースから40年の時を経て、配信ランキングの1位獲得という快挙と、この夏、映画とともにさらに多くの方にこの楽曲の魅力が伝わっていきそうです。

今回の「ひこうき雲」と映画「風立ちぬ」の奇跡の出会いから、『ユーミン×スタジオジブリ40周年記念盤 ひこうき雲/荒井由実』も企画されています。豪華絵本仕様パッケージとなっており、映画「風立ちぬ」で描かれた背景画、宮崎駿がユーミンに贈った18枚の絵で構成されています。スタジオジブリが背景画を他のアーティストに提供して絵本を作るのは初めてのことです。この作品は完全限定生産で、7月31日(CD+DVD)と8月14日(LP+CD+DVD)にそれぞれリリースされます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング