パナソニックの「視覚障がい者のQOL(Quality of Life)向上を目指した音声読み上げ商品の普及活動」が"IAUDアウォード2013"金賞を受賞

PR TIMES / 2013年11月21日 19時2分



パナソニック株式会社の「視覚障がい者のQOL(Quality of Life)向上を目指した音声読み上げ商品の普及活動 ~競合企業によるユニヴァーサルデザイン理念に基づく垣根を越えた取り組み~」(三菱電機株式会社と共同推進)が、国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)が主催する"IAUDアウォード2013"において、金賞(事業戦略部門)を受賞しました。金賞は2012年に続き2年連続の受賞となります。
また、「音声読み上げ機能搭載TVのグローバル展開」と、「ソーラーランタン」が銀賞を受賞しました(銀賞も2年連続の受賞)。
このほか、6件がIAUDアウォードに選定され、合計9件が受賞。最多受賞となりました。

【金賞】
視覚障がい者のQOL(Quality of Life)向上を目指した音声読み上げ商品の普及活動

パナソニックと三菱電機は、高齢者や機器の操作が苦手な方をサポートする機能として音声読み上げ機能(※)を搭載した商品を各々、開発、販売しており、両社のテレビに標準搭載しています。音声読み上げテレビに対する視覚障がい者の期待は大きく、両社はその有用性をより効果的に広めるため、共同推進体制を構築。音声読み上げテレビの存在を広く視覚障がい者の方々にお伝えし、そのメリットを享受いただくために、

1.実機体験会や商品紹介の実施
2.音声読み上げ機能を紹介した冊子制作、全国量販店への配布
3.操作方法を掲載した専用サイト「音声読み上げポータルサイト」の開設・運営
http://www.yomiage.net

などの活動を推進しています。
また、音声読み上げ商品を発売している他企業に「音声読み上げポータルサイト」への参画を呼びかけ、音声で読み上げる商品を世の中に広げる取り組みをしています。
※音声読み上げ機能
テレビ、ブルーレイディスクレコーダー、ICレコーダーなどに搭載されており、放送局名、番組タイトル、電子番組表の内容を音声で読み上げることで、操作をサポートします。

▼ビエラの音声読み上げ機能
http://panasonic.jp/viera/voice_remocon/read.html

【銀賞】
音声読み上げ機能搭載TVのグローバル展開
2010年より国内で音声読み上げ機能付きテレビを商品化し、2012年から海外モデルに展開。2013年には25言語に対応し、欧州、アジア、北南米など合計約350機種に搭載。健常者をはじめ、視力の低下した高齢者や視覚障がい者のテレビ視聴を支援しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング