<関西のホテル初> 9月26日(金)より近畿圏3ホテルで同時販売開始 NTT ComプリペイドSIMで訪日外国人の利便性向上 自国使用のスマートフォンがLTEモバイル通信可能に

PR TIMES / 2014年9月25日 14時27分

ホテル阪急インターナショナル(総支配人:江山 恭弘)、大阪新阪急ホテル(総支配人:葉 英福、いずれも大阪市北区)、京都新阪急ホテル(総支配人:田岡 弘志、京都市下京区)では9月26日(金)より訪日外国人が自国で使用するスマートフォンで日本国内のLTE高速モバイルデータ通信サービスを利用できる NTTコミュニケーションズのプリペイド式SIMカードを関西のホテルでは初めて販売します。



リリース(PDF)はこちら → http://bit.ly/ZdUs9i

訪日外国人数は、昨年初めて1,000万人を突破しましたが、本年に入ってからも3月から8月まで6ヶ月連続で単月100万人を超えるなど増加し続けております(*1)。
また、総務省の調査では訪日外国人の8割以上が通信手段にスマートフォンを利用しており、ほぼ2人に1人(48%)が無料Wi-Fiを、また3人に1人(33%)がプリペイドSIMカードの入手を希望しています(*2)。
阪急阪神ホテルズでは、既に上記3ホテルを含む直営17ホテルの全客室に無料Wi-Fiを完備しておりますが、この度、更に利便性を向上させるため、近畿圏上記3ホテルでプリペイドSIMカードを販売いたします。

■ 販売商品概要
【名称】「OCN mobile ONE Prepaid SIM for VISITOR」
【SIMサイズ】(1) Regular SIM(標準SIM)
       (2) Micro SIM(マイクロSIM)
       (3) Nano SIM(ナノSIM)
【販売価格】 1枚4,000円(消費税込。全サイズ共通価格)
【利用可能日数】14日間 /【最大通信速度】150Mbps
【容量制限】1日当たり100MB
(当日にご利用の合計通信量がこれを超えた場合当日23時59分まで通信速度が送受信時最大200kbpsに)
【サービス内容】データ通信専用。音声通話、SMS(ショートメッセージ)の送受信等は不可
【提供エリア】NTTドコモの「Xi(LTE)」(クロッシィ)エリアおよびFOMA(3G)エリア

■ 販売場所
(1) ホテル阪急インターナショナル 2階フロント コンシェルジェデスク
  お問い合わせ:宿泊部 TEL:06-6377-2100(代表)
(2) 大阪新阪急ホテル 1階南玄関 SIMカード自動販売機 (空港リムジンバス乗り場すぐ)
  お問い合わせ:フロント TEL:06-6372-5101(代表)
(3) 京都新阪急ホテル 1階 売店
  お問い合わせ:フロント TEL:075-343-5300(代表)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング