1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

eStream、テレビ朝日映像、同道文化株式会社の3社が連携し、中国で人気のKOLを活用した中国向けライブコマースサービスを提供開始。

PR TIMES / 2021年11月9日 17時15分



株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)の連結子会社、株式会社eStream shanghai(本社:中国上海、代表取締役社長:青村陽介)は、テレビ朝日映像株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 若林 邦彦)、同道文化株式会社(日本オフィス:東京都新宿区 国代表取締役社長 曾 穎)と連携し、中国現地で人気のKOLを活用した、中国向けライブコマースサービスを提供開始いたしましたのでお知らせいたします。中国の越境EC並びに流通のニーズが高まる中、当社の企画開発力、マーケティングノウハウ、テレビ朝日映像の企画力・運営ノウハウと、同道文化が保有する中国現地のKOLネットワークを活用し、ライブコマースを通じて日本企業やIPが中国向けにマーケティングをする際のサポートをして参ります。
[画像: https://prtimes.jp/i/6792/993/resize/d6792-993-7f8eae6028ff797bb3a1-0.png ]


■サービス概要
中国で急成長しているライブコマースは、ECとライブ配信を組み合わせた販売手法で、KOLや有名人などの配信者(ライバー)がライブ形式で視聴者に商品を紹介しながら販売する方法です。チャット画面を通じて視聴者とライバーがリアルタイムでコミュニケーションが取れるため、商品に対する不明点をその場で解消することもできる点が消費者から評価されており、現在も拡大の一途を辿っております。
2020年の中国のライブコマース市場は1兆500億元(約17兆8,500億円)を突破し、2021年は前年比90%増の1兆9,950億元(約33兆9,150億円)に達する見込みです。※

通常ライブコマースを実施する際には、ライバー対して出演料が発生しますが、今回のサービスでは出演時に発生するイニシャルコストをなくし、配信時の売上実績に応じて金額が決まるため、より成果にコミットしたライブコマース配信を実現致します。

※1元=約17円
※出典:アリ研究院「1兆元市場に向かうライブコマース」

■各社のコメント
・株式会社eStream shanghai 代表取締役 青村陽介
2021年5月に、これまで培ってきたマーケティングノウハウを活かしながら中国国内でのマーケティング支援を目的に、eStream shanghaiを設立させて頂きました。中国の越境EC並びに流通のニーズが高まる中、ライブコマースの手法を活用し、お客様に対してよりご満足頂けるサービスを展開できるよう、テレビ朝日映像社様及び同道文化様と共に尽力してまいります。

・テレビ朝日映像株式会社 代表取締役社長 若林 邦彦
テレビ朝日映像は、1958年の創業以来、生放送を中心に「いいものを創りたい・お届けしたい」の一心で、生活者の皆様とのコミュニケーションを続けてきました。この「生」を「活かす」ノウハウを背景に、今年7月には最先端技術を搭載した『ARKStreamingStudio』を開設、国境なき生配信の世界へと飛び出しました。今回、SDGsやSociety5.0の実装・実現に向け、eStream社及び同道文化社様の強みに、当社の強みであるエンタメの最適解を導き出すチカラをかけ合わせ、ライブコマース先進国と呼ばれる中国との文化的架け橋のような存在になれるよう、一層の努力を重ねてまいります。

・同道文化株式会社 代表取締役社長 曾 穎
世界各地で未だに新型コロナウイルスの感染が広がっています。 感染拡大に伴う移動制限などで経済への影響は計り知れません。日本に 10 年以 上住んでいる私は、影響を受けた日本企業と中国消費者の架け橋になりたいと 考えています。そのために、中国独自のビジネスモデルである「ライブコマース」 を通じて、品質の良い日本の商品をより多くの消費者に届けたい。単なる商品紹 介だけでなく、高品質の商品を生産しているブランドをより多くの人々に知っていただき、日本に恩返しがしたいです。

■株式会社eStream
eStreamは、2017年8月に設立され、タレントマネジメント事業から事業拡大を行い現在は様々なIPを扱うマーチャンダイジング事業( https://estream-store.com/)、グッズ販売の新しい形であるオンラインくじ事業などオンラインエンタテインメント事業を展開しています。2020年には「スケール感」と「躍動感」にこだわった高品質高級フィギュアブランド「SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE( https://shibuya-scramble-figure.com/)」と、造形美、ディテール、躍動感を追求したソフビフィギュアブランド「Shibuya Sofubi Arts」を設立し、IPの魅力を最大化させるフィギュア開発に取り組んでいます。

■会社概要 http://www.estream.co.jp/
社名 株式会社 eStream
東京本社 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア 23階
代表者 代表取締役社長 高井 里菜

■CyberZについて  http://cyber-z.co.jp/
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブCMの制作など、幅広いマーケティング事業を展開。日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っております。また、メディア事業としてゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、eスポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営しております。

CyberZ100%子会社としては、フィギュア販売やオンラインくじなどのオンラインエンタテインメント事業をおこなう「株式会社eStream」、eスポーツに特化した広告マーケティング事業「株式会社CyberE」の事業展開をしております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください