デジタル電源・モータ制御に最適な高性能インバータマイコンを開発

PR TIMES / 2013年12月4日 14時13分



パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、家電/産業/車載機器のデジタル電源[1]制御やモータ制御に最適なシステムコントローラとして高性能インバータマイコンMN103HFシリーズを開発し、2013年12月より順次量産出荷を開始します。本インバータマイコンシリーズはシステムの合理化と機器の小型化、開発効率の向上に貢献します。

▼「32ビットインバータマイコン」の商品情報
http://www.semicon.panasonic.co.jp/jp/products/microcomputers/mn103h/
▼「32ビットインバータマイコン」の新商品リリース(2013年12月4日)
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/12/jn131204-2/jn131204-2.html

パナソニックは1998年から家電分野のエアコンや洗濯機などモータを回転させる機器の低消費電力化/低騒音化に貢献するインバータ制御方式に最適なモータ制御用マイコンシリーズを開発、販売してきました。今回、ますます重視される省エネ性能の向上を目指し、より高度なモータ制御への対応や、今後普及が見込まれるデジタル電源などに最適な機能、性能を持った新たなマイコンシリーズを開発しました。本マイコンシリーズは専用演算命令や高分解能PWM[2]、高速高精度AD変換機能などを搭載し、家電・産業機器のモータ制御や、サーバー・車載のデジタル電源、次世代パワーデバイス[3]応用機器などに幅広くご活用いただけます。

【インバータ/コンバータ制御を1つのマイコンで実現可能な32ビットインバータマイコンの特長】
1.専用命令搭載でモータ制御と電源制御を1つのマイコンで同時に実現可能
2.業界トップクラス(※1)の低リップル[4]出力制御により後段回路の小型化を実現
3.パナソニック独自のノイズ回避機能で計測誤差の少ないモータ制御や電源制御を容易に実現

(※1)組込みマイコンとして 2013年12月4日パナソニック調べ

【販売計画】
製品名:32ビットインバータマイコン
シリーズ名:MN103HFシリーズ
量産開始:2013年12月
量産規模:100万個/月

【用途】
家電・産業機器のモータ制御、サーバーや基地局、環境対応車などのデジタル電源制御、LED・HID照明制御

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング