野菜がどっさり食べられて時短調理もかなう “ハイブリッドな漬け物”のススメ

PR TIMES / 2019年10月25日 15時25分

株式会社主婦の友社は、2019年10月26日(土)に『野菜の「べんり漬け」』(発酵マイスター 榎本美沙:著  https://www.amazon.co.jp/dp/4074390558)を発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/2372/995/resize/d2372-995-980857-10.jpg ]



[動画: https://www.youtube.com/watch?v=-9qZG34GgaE ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/2372/995/resize/d2372-995-909828-0.jpg ]


野菜を長持ちさせておいしく食べられる漬け物は、いわば“日持ちするサラダ”。そんな漬け物のメリットに着目し、さらにおかずの素にもなる食材へと発展させた「野菜のべんり漬け」に大注目!
[画像3: https://prtimes.jp/i/2372/995/resize/d2372-995-562990-1.jpg ]


保存袋にこぶと手作りだしパック、調味液を入れてキャベツをひと晩漬けた「キャベツのべんり漬け」。発酵マイスターが考案したとあって、だしのうまみと発酵調味料の風味が感じられる、奥行きのある味わいに。
[画像4: https://prtimes.jp/i/2372/995/resize/d2372-995-736919-2.jpg ]



このままでも十分おいしいのであっという間に食べてしまうこと必至なのですが、下味調理済みの“おかずの素”としても大活躍してくれます。例えば、、、
[画像5: https://prtimes.jp/i/2372/995/resize/d2372-995-763083-4.jpg ]



[画像6: https://prtimes.jp/i/2372/995/resize/d2372-995-209128-5.jpg ]


野菜にしっかり味がついているため、あれこれと調味料を足さなくても時短でおしいく仕上がるのが嬉しいポイント。作ればきっと、おかずの味がピタリと決まるのを実感していただけます。

べんり漬けは、甘酢、しょうゆ、みそ、マリネ味、ナムル味の5種類があり、レシピバリエも84種類と豊富。

また、漬ければそのままおいしく食べられるので、弁当作りや持ち寄りにも、とことん便利!
[画像7: https://prtimes.jp/i/2372/995/resize/d2372-995-747031-6.jpg ]



[画像8: https://prtimes.jp/i/2372/995/resize/d2372-995-314531-7.jpg ]


漬けておけば、おかずだけでなくおつまみもささっと完成。そのまま食べるもよし、他食材とあえるなどしてさらにボリュームアップさせてもよし!
[画像9: https://prtimes.jp/i/2372/995/resize/d2372-995-220703-8.jpg ]


野菜をしっかり食べたい人の強い味方になってくれる「べんり漬け」。このレシピ本を参考に、ラクして丁寧をかなえる、新しい野菜習慣を始めてみてください。

⚫︎書誌情報●
[画像10: https://prtimes.jp/i/2372/995/resize/d2372-995-980857-10.jpg ]



『野菜の「べんり漬け」』
2019年10月26日発売
本体1,300円+税
A5判・112ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4074390558

⚫︎著者プロフィール●
榎本美沙(えのもとみさ)
料理家、発酵マイスター。
広告代理店勤務を経て調理師学校を卒業し、独立。旬の野菜や発酵食品を使ったレシピの開発が得意。

忙しい人にももっと野菜を、との思いから生まれたのが今回の「べんり漬け」。何度も試作を重ね、多くの人においしくて作りやすいと実感してもらえるレシピやしくみを研究し、自らも「べんり漬け」を使った生活を実践している。

【本書に関するお問い合わせ先】
株式会社主婦の友社 広報・プロモーションユニット
TEL:03-5280-7577 MAIL:pr★shufutomo.com
※★を@に変換してください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング