GMOメイクショップ 「MakeShop」がビジコムのハンディPOSシステム「HD-POS」と連携~実店舗とネットショップの在庫・仕入数が連動可能になり、棚卸の作業効率が向上~

PR TIMES / 2012年4月18日 15時19分

2012年4月18日
報道関係各位

GMOメイクショップ株式会社
===============================================================
「MakeShop」がビジコムのハンディPOSシステム*1「HD-POS」と連携
~実店舗とネットショップの在庫・仕入数が連動可能になり、
棚卸の作業効率が向上~
===============================================================
 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長
:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)が運営するネットショップ構築サー
ビス「MakeShop(URL:http://www.makeshop.jp/)」は、流通向けソリューショ
ン及びパソコンPOSシステム(*1)の開発と販売を行う株式会社ビジコム(代表
取締役:中馬 浩 以下、ビジコム) のハンディPOSシステム「HD-POS」との
連携を本日2012年4月18日(水)より開始いたしました。

*1:POSシステムとは 商品の販売と同時に在庫情報、顧客情報、お店の情報
  が統計され、管理を向上させることができる管理システム。

【「MakeShop」と「HD-POS」の連携について】
(URL:http://www.makeshop.jp/main/support/notice/info_detail.html/2
0120418100953.html)
 実店舗を持つネットショップ運営者にとって、商品の在庫管理は実店舗とネッ
トショップそれぞれで棚卸や在庫の照合を行わなくてはならず、時間と手間の
かかる煩雑な作業です。実店舗を持つショップ運営者が多い「MakeShop」では、
ショップ運営者の商品在庫管理における作業負担を軽減させることが課題となっ
ていました。
 一方、ビジコムが提供するハンディPOSシステム「HD-POS」は、データ収集
用の小型端末(ハンディターミナル)と販売管理ソフトがパッケージ化したポー
タブルPOS(*2)を使って、離れた場所でもバーコードを読み取るだけで商品デー
タの収集ができるシステムです。
 収集したデータは実店舗での発注処理や在庫管理に利用できるため、多数の
アパレルショップやリサイクルショップ、ドラッグストアなど、在庫数の多い
小売店舗で導入されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング