GMOインターネット、ドメイン登録サービス「お名前.com」国内企業に最適な“.jp.net”ドメイン 一般登録受付開始

PR TIMES / 2012年4月24日 16時1分

2012年4月24日
報道関係各位

GMOインターネット株式会社
===========================================================
ドメイン登録サービス「お名前.com」
国内企業に最適な“.jp.net”ドメイン 一般登録受付開始
===========================================================
 GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)が運営する、
ICANN(*1)公認ドメイン登録サービス「お名前.com」(URL:
http://www.onamae.com/)は、「サードレベル(*2).netドメイン」の
“.jp.net”の一般登録受付を4月24日(火)18:00より開始いたします。

【“.jp.net”ドメイン について】
 “.jp.net”ドメインは、CentralNicがレジストリとして管理している「サー
ドレベル.netドメイン」のうちの1つです。「サードレベル.netドメイン」と
は、セカンドレベルドメイン(*3)が国名を連想させる文字列で、トップレベ
ルドメイン(TLD)(*4)が「network」を連想させる文字列「.net」で構成さ
れているのが特徴で、ローマ字・日本語どちらでも登録が可能なドメインで
す。
 “.jp.net”ドメインは、その文字列から「.jp=日本」、「.net=network」
を連想させるため、一般登録の前に実施した商標登録者優先登録(サンライ
ズ)(*5)、先行登録(ランドラッシュ)(*6)などの優先登録フェーズでは、
多くの国内企業によって社名・ブランド名・サービス名などのドメイン名が
申請されました。また、日本語ドメインにおいては、各業界におけるビッグ
ワードのドメイン名も多く申請されています。

 世界的にドメインの登録数が急増している近年、gTLD(*7)の中でも特に人
気の高い“.com”や“.net”ドメインにおいては、英単語を含むドメイン名
や短くて覚えやすいドメイン名などの人気文字列は、ほとんどが登録済みで、
文字列の空き(空きドメイン)も日々減少しています。“.jp.net”ドメイン
は新たに開放されるサードレベルドメインのため、“.com”や“.net”ドメ
インに空きがないことで取得を諦めていた人気文字列でも、ドメイン名を取
得できる可能性があります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング