都立駒込病院における新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)

PR TIMES / 2020年11月10日 16時45分

~新型コロナウイルスに関する東京都からのお知らせ~

 令和2年10月31日(土曜日)に報道発表いたしました、都立駒込病院における新型コロナウイルス感染者の発生について、新たに職員1名の感染を確認したことを御報告いたします。
 なお、今回の感染確認による診療体制への新たな影響はありません。

1 感染確認の状況
(1) 10月31日の報道発表で感染を報告した患者4名及び職員1名と接触があった職員85名について、11月1日(日曜日)までに全員のPCR検査の陰性を確認の上、自宅待機としていた。そのうち看護師1名(職員2)について、咳等の症状が見られたためPCR検査を実施したところ、11月8日(日曜日)、「陽性」が確認された。職員2は10月30日(金曜日)から自宅待機中であり、院内に接触者はいない。
(2) その他の職員84名については、感染を疑わせる症状は出ていない。

2 陽性が判明した職員の概要
[表: https://prtimes.jp/data/corp/52467/table/1005_1.jpg ]


※ 病棟Aは、10月31日の報道発表により報告した一般病棟

3 病院の対応等
  引き続き、職員の手指衛生やサージカルマスク着用などの標準予防策の徹底及び感染管理担当(ICT)による巡回点検を実施する。

4 今後の診療について
  今回の感染判明に伴う運用の変更はない。
  〈参考〉
  〇 制限している診療機能
   ・ 当該病棟(病棟A及び病棟B)の新規入院患者の受入れを停止
   ・ 内科の外来診療の一部を休止
  〇 継続している診療機能
   ・ 上記以外の入院診療及び外来診療

参考資料: https://prtimes.jp/a/?f=d52467-20201110-5218.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング