GMOインターネット、エンジニア・クリエイターの技術研究・開発支援制度を拡充「GMOすごいエンジニア支援制度」の第1弾プログラムは「サバろうぜ!」

PR TIMES / 2012年5月15日 13時47分



2012年5月15日
報道関係各位

GMOインターネット株式会社
===========================================================
~新しいものを生み出す力を支援し、
          世界を変える技術・サービス創出のために~
エンジニア・クリエイターの技術研究・開発支援制度を拡充
「GMOすごいエンジニア支援制度」の第1弾プログラムは「サバろうぜ!」
===========================================================

 GMOインターネットグループは、グループで働くエンジニアが自ら考え、新
しいものを生み出す技術力を支援し、結果として多くの笑顔を生み出し、世
界を変える革新的な技術・サービスの創出を目指しています。
 この度、GMOインターネットグループでは、エンジニア・クリエイタースタッ
フの満足度と技術力をさらに向上する取り組みとして、従来の新技術の研究
・開発支援制度に加え、新たに「GMOすごいエンジニア支援制度」を立ち上げ、
2012年5月15日(火)より第1弾プログラム「サバろうぜ!」を開始いたしま
した。
 「サバろうぜ!」は、希望するスタッフに研究・開発環境として自社サー
ビスを無料で提供するプログラムです。


【エンジニア・クリエイターの新技術の研究・開発支援の拡充について】
 GMOインターネットグループは、「革新的で素早い展開」と「低価格」によ
り、多くのお客様の笑顔を生み出すため、これまでもグループの持つ技術力
を武器にドメイン事業、サーバー事業、セキュリティ事業、インターネット
証券事業において様々なサービスをフルスクラッチで自社開発・提供してま
いりました。これを可能にしたのはひとえに優れたエンジニア・クリエイター
をグループ内に擁していたからに他なりません。

 創業の精神として掲げる「スピリットベンチャー宣言」には、『一番であ
り続けるために「技術者」と「技術力」が自然と集まり、互いに切磋琢磨で
きるような仕組み・ルールを整備する』ことを謳っています。これに則って、
GMOインターネットグループでは、実際にグループで働くエンジニア・クリエ
イターの声を取り入れながら、満足度と技術力がより向上する制度・環境整
備に取り組んでいます。そして、これまでに技術者同士の意見交換やナレッ
ジの共有などを可能にするグループ内SNSの運営や、業界動向、新技術などの
社内勉強会を定期的に実施するなどの施策も行なっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング