CHRISTIAN DADA 19年春夏コレクション ポップアップ開催

PR TIMES / 2019年4月24日 10時40分



このたび、CHRISTIAN DADA 19年春夏コレクション「RE:ACTION」にクローズアップしたポップアップショップを伊勢丹新宿店にて開催いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/8372/1019/resize/d8372-1019-189104-0.jpg ]

ホームである東京で様々な世代への反応を「返信」や「続編」の意味をなす“Re:”で表現した「RE:ACTION」。

[画像2: https://prtimes.jp/i/8372/1019/resize/d8372-1019-740658-1.jpg ]

このテーマで展開されるコレクションは、既存のシャツスタイルをベース軸に Re:Constructin/再構築し、デザイナーの世界観で「Re:Define/再定義する」など東京のカオティックさになぞらえながら多様なディティールで表現されています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/8372/1019/resize/d8372-1019-666246-2.jpg ]

シャツ素材自体の再構築だけにとどまらずニットやスウェット素材との切替コンビネーションや、森川自らがデザインしたヴィヴィットなオリジナルグラフィックも、随所に施されたコレクションは遊びの中にも洗練さを兼ね備えたコレクションとなっています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/8372/1019/resize/d8372-1019-560090-3.jpg ]




「CHRISTIAN DADA プロモーション」
■会期:4月24日(水)~30日(火)
■場所:伊勢丹新宿店本館3階=インターナショナルクリエーターズ/リ・スタイル プラス

【CHRISTIAN DADA】
2010年秋冬コレクションよりスタート。工芸が盛んな香川県で横振刺繍の職人を祖父に持ち培った、不完全性への美意識に加え、ロンドン時代を経て得た西洋文化、芸術思想ダダイズムなど様々な影響を受けたデザイナー森川が創り出すブランド。ダークで退廃的でもあるデザイン日本の伝統織物技術、現代の素材や刺繍技術を組み合わせ融合させた独特のスタイルでの表現が特徴。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング