第5回山田風太郎賞 荻原浩著『二千七百の夏と冬』に決定!

PR TIMES / 2014年10月28日 13時13分

角川書店 ブランドカンパニー



株式会社KADOKAWA 角川書店 ブランドカンパニー(代表取締役社長:松原眞樹、ブランドカンパニー長:堀内大示)と一般財団法人 角川文化振興財団(理事長:角川歴彦)が、2009年に創設しました文学賞 『山田風太郎賞』の選考会が2014年10月27日(月)午後4時より東京會舘(東京都千代田区丸の内3-2-1)にて行われ、選考委員の審査により、荻原浩著『二千七百の夏と冬』が受賞作に決定しました。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年、夏――ダム建設工事の掘削作業中に、縄文人男性と弥生人女性の人骨が同時に発見された。二体は手を重ね、顔を向け合った姿であった。3千年近く前、この二人にいったいどんなドラマがあったのか? 新聞記者の佐藤香椰は次第にこの謎にのめりこんでいく。 紀元前7世紀、東日本――ピナイの村に住むウルクは15歳。5年前に父を亡くし、一家を支える働き頭だが、猟ではまだまだ半人前扱い。いろいろと悔しい目にあうことも多い。近ごろ村は、海渡りたちがもたらしたという神の実“コーミー”の話でもちきりだが、同時にそれは「災いをもたらす」と噂されていた。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
選考委員を代表して選評を述べた筒井康隆氏は、「上下巻の大変な力作。よく調べられた情報がうまくストーリーとマッチしている。この時代をあまり書く人がいないのは古代語を書くのが難しいためだが、古代語に時々振られたルビが現代語になっているのが非常によく効いていて面白い。現代人・古代人のキャラクターいずれについても文句はない。また、(別の選考委員)林 真理子氏も強く推しており、縄文・弥生時代の日常的な描写に大変親近感を覚えたようで、安心して読める作品ではないか」と話しました。

荻原氏は、「縄文時代を舞台にした物語は、いつか書いてみたいと思っていた。原始的で、良くも悪くもストレートな人間の姿を書きたかった。今回やっと念願が果たせた。当時と現代では環境やテクノロジーは違うが、意外と考えていることは似ているのではと思った」とコメントしました。荻原氏には、正賞として記念品(名入り万年筆)と副賞 100万円が贈られました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング