1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

仮想プライベートクラウド(VPC)市場ーコンポーネント別(ソフトウェアとサービス)、サービス別(トレーニングとコンサルティングなど)、組織の規模別、業種別、および地域別ーグローバル予測2030年

PR TIMES / 2021年9月1日 10時15分

SDKI Inc.が「仮想プライベートクラウド(VPC)市場ーグローバル予測2030年」の新調査レポートを2021年08月31日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106882



VPC市場は、2022年に388.9億米ドルの市場価値から、2030年までに1,656.4億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に23.0%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1037/resize/d72515-1037-6a0be409013d963bd8fa-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/virtual-private-cloud-market/106882

仮想プライベートクラウドは基本的に、共有コンピューティングリソースのオンデマンド構成可能なプールであるパブリッククラウド環境内に割り当てられます。一般に、仮想プライベートクラウドは、異なる組織間のリソースを使用して、特定のレベルの分離を提供します。パブリッククラウドのユーザーは、パブリッククラウドインフラストラクチャ内に安全で個人的なデータストレージスペースを提供するため、プライベートクラウドソリューションを利用できます。セキュリティ、自動化、俊敏性の向上、安全なITの最新化の必要性、およびコスト削減の向上は、VPC市場の主要な成長要因です。さらに、仮想プライベートクラウドの簡単なインストールプロセス、および低コストのディザスタリカバリソリューションの必要性の高まりも、仮想プライベートクラウド市場の成長を推進する主な要因です。最近、中小企業と大企業は仮想プライベートクラウドビジネスの需要を増やしています。これは、予測期間中にVPC市場の成長を推進しています。

しかし、レガシーシステムとの互換性の問題により、VPC市場の成長が抑制される可能性があります。

仮想プライベートクラウド市場セグメント

VPC市場は、コンポーネント別(ソフトウェアとサービス)、サービス別(トレーニングとコンサルティング、統合と展開、サポートとメンテナンス、およびマネージドサービス)、組織の規模別(中小企業、大企業)、業種別(BFSI、ITとテレコム、政府と防衛、ヘルスケア、メディアとエンターテインメント、小売、製造、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

サービスに基づいて、サポートとメンテナンスセグメントは、予測期間中に最高の速度で成長すると予想されます。

サポートサービスは、組織がエンドユーザーの問題や技術的な問題などのサービス要求に効率的に取り組むことを可能にします。サポートとメンテナンスは、VPC実装の不可欠な部分を形成します。これらのサービスは、組織にデプロイされたVPCソリューションとサービスの中断のない運用を保証します。これは、予測期間中にセグメントの成長を推進しています。

中小企業セグメントは、予測期間中に最高の速度で成長すると予想されます。

シームレスなスケーラビリティ、柔軟性、従量課金制の支払いモデル、運用コストの削減、ビジネス要件に応じたカスタマイズされたサービスなどのメリットにより、中小企業(SME)でのVPCソリューションとサービスの採用が促進されています。 SMEは、資本、スキル、スケーラビリティという3つの重要な課題に直面しています。これらの問題を克服するために、SMEは、要件に応じてITインフラストラクチャを管理する柔軟性を提供する成長に応じた支払いモデルを採用しています。これににより、このセグメントの成長が牽引すると予想されます。

仮想プライベートクラウド市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域(APAC)は、予測期間中に最も高い速度で成長すると予想されます。新興技術、ITインフラストラクチャサービス、モノのインターネット(IoT)の急速な進歩により、多くの組織がVPCサービスを採用するようになりました。政府、特に新興経済国の政府は、複数の組織にわたる公的イニシアチブの浸透を高めるために、大規模な技術変革プログラム(デジタル市民アイデンティティ、銀行、運輸、社会福祉)に取り組んでいます。これは、この地域の仮想プライベートクラウド市場の成長を推進しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

仮想プライベートクラウド市場の主要なキープレーヤー

VPC市場の主要なキープレーヤーには、Google (米国)、Microsoft (米国)、Alibaba (中国)、AWS (米国)、OVH (フランス)、Huawei (中国)、Rackspace (米国)、CenturyLink (米国)、DXC (米国)、Atos (フランス)などがあります。この調査には、VPC市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106882

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング