「nanoe(ナノイー)」(帯電微粒子水)がPM2.5含有成分の分解と黄砂付着真菌の抑制に効果があることを検証

PR TIMES / 2014年1月20日 16時10分



パナソニック株式会社は、水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの帯電微粒子水「nanoe(ナノイー)」が、試験空間において大気汚染物質PM2.5の含有成分である多環芳香族炭化水素(※2)(5種)、アルカン(※3)(ヘキサデカン)、芳香族カルボン酸(※4)(安息香酸)の分解、並びに黄砂の付着真菌であるビルカンデラ菌(※5)の抑制に効果があることを検証しました。

PM2.5とは大気汚染の原因物質の一つである粒子状物質の中でも直径が2.5μm以下のもので、大気中に浮遊しています。PM2.5は肺に入り込むと体外に排出できなくなるため、喘息や気管支炎のほか、発がん等のリスクがあるとされています。また、東アジア内陸部の砂漠や乾燥地域で発生する黄砂はPM2.5の含有成分に加え、アレルギー発症の原因と考えられている真菌類や細菌類等も付着させて日本列島に飛来しています。

今回パナソニック株式会社では、PM2.5の含有成分と黄砂付着菌に対して下記の試験を実施し、帯電微粒子水「ナノイー」の効果を確認しました。

【PM2.5含有成分】
(1)多環芳香族炭化水素(5種)
36Lのボックス内にて、多環芳香族炭化水素(5種)に対し、帯電微粒子水「ナノイー」を曝露。
8時間で78%~97%の分解効果を確認。
(2)アルカン(ヘキサデカン)
6畳空間にて、ナノイーデバイスから1.5m離れた位置にアルカン(ヘキサデカン)を設置し、帯電微粒子水「ナノイー」を曝露。24時間で99%の分解効果を確認。
(3)芳香族カルボン酸(安息香酸)
6畳空間にて、ナノイーデバイスから1.5m離れた位置に芳香族カルボン酸(安息香酸)を設置し、帯電微粒子水「ナノイー」を曝露。8時間で98%の分解効果を確認。

【黄砂付着真菌】
(1)ビルカンデラ菌
6畳空間にて、ナノイーデバイスから1.5m離れた位置にビルカンデラ菌を設置し、帯電微粒子水「ナノイー」を曝露。 8時間で99.0%以上の抑制効果を確認。

※1:水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの帯電した水微粒子
※2:100種以上の化学物質があり、その中のいくつかは発がん性、変異原、催奇形物質がある
※3:ガソリン、ディーゼル燃料の含有成分
※4:ベンゼン環にカルボキシル基が直接結合した有機化合物
※5:和名ヤケイロタケ、慢性咳嗽と関連の深い担子菌(キノコ)
*今回の検証は密閉した試験空間のものであり、実使用空間の検証とは異なります

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング