GMOメイクショップ、「MakeShop」がビジコムのパソコンPOSシステム「BCPOS」と連携~実店舗とネットショップの売上・在庫・顧客情報を一括管理、 双方一括の売れ行き分析も可能に~

PR TIMES / 2012年7月18日 16時1分

2012年7月18日
報道関係各位

GMOメイクショップ株式会社
=================================================================
「MakeShop」がビジコムのパソコンPOSシステム※「BCPOS」と連携
~実店舗とネットショップの売上・在庫・顧客情報を一括管理、
双方一括の売れ行き分析も可能に~
=================================================================
 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社
長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)は、株式会社ビジコム(代表取
締役:中馬 浩 以下、ビジコム)と提携し、本日2012年7月18日(水)より
ネットショップ構築サービス「MakeShop」とパソコンPOSシステム※「BCPOS」
の連携を開始いたしました。

※POSシステムとは、商品の販売と同時に在庫情報、顧客情報、お店の情報が
統計され、管理を向上させることができる管理システム。パソコンPOSとは
市販されているパソコンにPOSアプリケーションソフトをインストールして、
POSシステムとして利用する形態。

【「MakeShop」とパソコンPOSシステム「BCPOS」の連携について】
 実店舗を持つショップ運営者にとって商品の在庫管理は、実店舗とネット
ショップそれぞれで棚卸や在庫数の照合を行わなければならず、時間と手間
のかかる煩雑な作業です。これを解消するため「MakeShop」では、2012年4月
からビジコムのハンディターミナル(データ収集用の小型端末)POSシステム
「HD-POS」とサービス連携を開始し、実店舗とネットショップ双方の在庫数
の照合、一括管理を実現しました。

 さらに今回は、「MakeShop」とビジコムの提供するパソコンPOSシステム
「BCPOS」とのサービス連携が実現いたしました。これにより、実店舗とネッ
トショップ双方で商品販売後の在庫数の簡単な照合が可能となります。
「BCPOS」は、パソコンにアプリケーションをインストールし、バーコードリー
ダー等のPOS周辺機器と併せて使用することで、パソコン上でPOS業務として
販売管理だけではなく、在庫管理や顧客管理などができるため、アパレルショッ
プやリサイクルショップ、ドラッグストアなど、在庫数の多い小売店舗での
ご利用に最適です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング