1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」の「PIICA(R)︎(ピーカ)」シリーズ新作全8種販売開始!】

PR TIMES / 2021年9月27日 16時15分



[画像1: https://prtimes.jp/i/31071/1051/resize/d31071-1051-54cf5701f2c9e688fff6-0.jpg ]


株式会社ポニーキャニオン(本社:東京都港)のグループ会社で、各種デザイン制作、グッズ企画制作、印刷、WEB関連サービスなどを事業展開する株式会社ポニーキャニオンプランニング(本社:東京都港区 代表取締役社長:大柳英樹)は、ICカードリーダー機にかざすと光る人気アイテム「PIICA(R)︎(ピーカ)」のヒプノシスマイク新シリーズ8アイテムの販売を開始しました。
2018年に同タイトルシリーズ16種発売し、累計5万枚の大ヒットアイテムとなったシリーズ最新アイテム!

絵柄は「どついたれ本舗」と「Bad Ass temple」の各4種類。
ホログラム着せ替えカード付き。
[画像2: https://prtimes.jp/i/31071/1051/resize/d31071-1051-0f0b8995ac5270225234-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/31071/1051/resize/d31071-1051-82d8ce87b35261d1cc51-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/31071/1051/resize/d31071-1051-b4f63f39bc5e5940c48a-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/31071/1051/resize/d31071-1051-0ab5d1d595356a9b98ed-4.jpg ]


通勤通学・ショッピング・オフィスで…カードを入れてピッとかざせばLEDがピカッと光り、何気ない日常でのICカード利用場面に楽しさを与えてくれるエンターテインメントアイテムです。

【商品概要】
1. ヒプノシスマイク PIICA(R)︎(ピーカ)+クリアパスケース(オオサカ・ディビジョン)
2. ヒプノシスマイク PIICA(R)︎(ピーカ)+クリアパスケース(ナゴヤ・ディビジョン)
3. ヒプノシスマイク PIICA(R)︎(ピーカ)+クリアパスケース(白膠木 簓)
4. ヒプノシスマイク PIICA(R)︎(ピーカ)+クリアパスケース(躑躅森 盧笙)
5. ヒプノシスマイク PIICA(R)︎(ピーカ)+クリアパスケース(天谷奴 零)
6. ヒプノシスマイク PIICA(R)︎(ピーカ)+クリアパスケース(波羅夷 空却)
7. ヒプノシスマイク PIICA(R)︎(ピーカ)+クリアパスケース(四十物 十四)
8. ヒプノシスマイク PIICA(R)︎(ピーカ)+クリアパスケース(天国 獄)

《税込価格》各1,980円
《素材》カード本体:PET+PC/着せ替えカード:PET/ケース:PC/ボールチェーン:真鍮
《サイズ》PIICA(R)︎カードサイズ:(約)縦5.35×横8.5×厚み0.12cm
着せ替えカードサイズ:(約)縦5.35×横8.5cm
クリアパスケースサイズ:(約)縦5.97×横10.15×厚み0.4cm
(C)King Record Co., Ltd.

【PCPデザインストア 楽天市場店】
item.rakuten.co.jp/npcd/c/0000000124/

【ピーカ(R)︎とは】
鉄道やバスの自動改札機、各種店舗や自販機の電子マネー決済機、オフィスのIDカードチェック機、ゲームセンターの「アミューズメントIC」、スマホのワイヤレス充電器などの非接触型ICカードリーダー機から発信される電磁波(NFC電波)を、ピーカ(R)(カード)側でキャッチし微弱電流に変換、ピーカ(R)(カード)に内蔵されている超薄型ミニLED電球が光り、ピーカ(R)(カード)を発光させます。

《PIICA(R)︎公式サイト https://pcpinc.jp/piica/
国際特許:PCT/KR2013/511347
国内特許:特許第6514638号

●株式会社ポニーキャニオンプランニングについて
1971年にフジサンケイグループ唯一のデザイン会社である株式会社ニッポンプランニングセンターとしてスタート。約半世紀にわたりエンターテインメントの第一線で、多岐に渡るデザイン、クリエイティブ他各種ソリューション業務の実績を積み重ねる。2020年8月に株式会社ポニーキャニオンプランニングに社名変更。デジタルトランスフォーメーションにより、ますます進化・変容する時代のニーズに応え、『エンターテインメントデザインで世界をちょっと楽しくする』を理念に、デザインをリソースとして常に新たなチャレンジを継続し社会に貢献していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング