フィリップス×Walker47共同企画 “地域を「食」で元気に!「麺’sプロジェクト」”を実施~「ヌードルメーカー」を通じて地域活性化に貢献~

PR TIMES / 2014年11月11日 11時36分

株式会社Walker47

地域情報サービス「Walker47」は、大手電機メーカー・フィリップスの「ヌードルメーカー」を使った地域活性化企画“地域を「食」で元気に!「麺’sプロジェクト」” を実施します。



株式会社Walker47(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎孝司、以下当社)は、当社が運営するKADOKAWAグループのスマートフォン向け地域情報サービス「Walker47」にて、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(以下フィリップス)とのコラボレーションによる地域活性化企画“地域を「食」で元気に!「麺’sプロジェクト」” (以下「麺’sプロジェクト」)を、本日11月11日より実施いたします。


「Walker47」は、日本全国1952地域・約1200名の地域編集長による地元密着型情報と、KADOKAWA編集者による幅広いエンターテインメント情報を日々発信する、スマートフォン向け情報サイトです。
「麺’sプロジェクト」は、大手電機メーカー・フィリップスの新製品「ヌードルメーカー」を使った地域活性アイディアを全国の地域編集長から募集し、優秀なプランを実際に実現する企画です。ヌードルメーカーは、本格的な生麺が自宅で手軽に作れる調理家電で、材料をアレンジすることで自分好みの麺が作れるほか、製麺用キャップを付け替えることで様々な形状の麺にも対応できます。
「ヌードルメーカーを通じて人々を笑顔にしたい」というフィリップスの理念と、「地域情報ネットワークを通じてマチを元気にしたい」という「Walker47」のコンセプトが一致し、「めんの日」である11月11日に本プロジェクトをスタートいたしました。

プロジェクトでは、「ヌードルメーカーを使って地域のためにやりたいこと」というテーマを設定し、ご当地の名産を盛り込んだアイディアや、まちおこしにつながる企画、地元の人々を笑顔にするストーリーなどを全国の地域編集長から広く募集します。応募作のなかから優れたプラン3点を、フィリップスおよび「Walker47」編集部で選定・表彰。企画の実現に必要な台数のヌードルメーカーをフィリップスから提供いただき、実際にプランを実現いたします。投稿されたアイディアや優秀賞の発表、プランが実現するまでの過程については、「Walker47」特集ページにて随時レポートしていきます。

今後も「Walker47」では、様々な企業とのコラボレーションを通じ、魅力的なコンテンツの提供と、地域活性化への貢献を目指してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング