アルバイトの面接設定を自動で対応「面接コボット」「霜降り明星」出演のタクシー広告2篇を公開!

PR TIMES / 2020年3月30日 12時45分

2020年3月30日(月)から配信

ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下当社)は2019年より開始したAI・RPA事業の「コボット」プロモーションの第一弾として、2018年M-1グランプリ14代目王者の「霜降り明星」を起用した「面接コボット」のタクシー広告2篇を3月30日(月)から6月28日(日)までの13週にわたって公開いたします。



「コボット?ロボット?」篇  店長:せいや  本社の人:粗品

[画像1: https://prtimes.jp/i/2302/1064/resize/d2302-1064-434766-0.png ]


「面接電話」篇        店長:粗品   応募者:せいや

[画像2: https://prtimes.jp/i/2302/1064/resize/d2302-1064-735666-1.png ]


※タクシー広告のVTR、撮影現場風景の画像等もございますので、下記までご連絡いただければ、お貸し出しさせていただきます。ただし、タクシー広告の紹介以外での写真の使用、および二次的使用はご遠慮いただきますようお願いいたします。
※写真素材などに関しては、リリースがお手元に届いた貴紙・誌・番組のみの使用とさせていただきます。他紙・誌・番組への素材の供与および掲載、オンエアは固くお断り申し上げます。
※掲載、オンエアなどの予定が決定いたしました場合、大変お手数ですが下記宛にご一報いただけますと幸いです。

本件に関する、オンエア・掲載、および映像・写真の貸し出し等のお問い合わせ先
ディップ株式会社 広報担当TEL:03-6628-4070/e-mail:info@dip-net.co.jp

アルバイト面接の設定をするロボットで
応募者と事業主の面接を自動でセッティング
忙しさによる採用機会の損失を減らすサービス「面接コボット」

■「コボット?ロボット?」篇(2パターン)、「面接電話」篇(各30秒)
タクシー広告は、「コボット?ロボット?」篇と「面接電話」篇の2篇で展開します。
「コボット?ロボット?」篇は、店長役のせいやさん、本社の人役の粗品さんの掛け合いです。バイトが足りないけれど忙しくて手が回らない店長の前に、本社の人が「ロボットを連れてきた!」と突然現れますが、店長は「よくできたロボットだ」と本社の人がロボットだと勘違い。ロボットのものまねをする店長にツッコミを入れつつ「面接コボットや!」と解決ツールを提示します。こちらは掛け合いの一部が変化している2パターンがありますので、ぜひ差分をお楽しみください。
「面接電話」篇は、せいやさんが応募者役、粗品さんが店長役で、応募者に電話をかけた店長が小声で話す応募者にツッコミを入れる内容となっています。

タクシー広告の本編映像は、YouTubeバイトル公式チャンネルにて、2020年3月30日(月)からご覧いただけます。
さらにWeb版では、90秒版の「コボット?ロボット?」篇も公開いたします。

■動画はこちらで公開!
・「コボット?ロボット?篇」A:  https://youtu.be/3Vdwp-w28bI
・「コボット?ロボット?篇」B:  https://youtu.be/mmwPozutXRI
・「面接電話篇」: https://youtu.be/5HDx7AkAaeo
・ 「コボット?ロボット?篇」 WEB版(90秒): https://youtu.be/z8FXgd8CMOc
▶ YouTubeバイトル公式チャンネル : https://www.youtube.com/user/dipbaitoru

■まずは無料で!
「面接コボット」の導入をまずは30日間無料トライアルができます。
詳しくはこちら  URL: https://kobot.jp/int/lp/index.html

制作スタッフ
演出:伊勢田 世山
エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター:澤本 嘉光(電通)
クリエーティブ・ディレクター:岡野 草平(電通)
プランナー:関 俊洋(電通)
プロデューサー:中野 良隆(電通)、早坂 匡裕(ギークピクチュアズ)

当社概要
当社は、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、正社員・契約社員求人情報サイト「バイトルNEXT」、総合求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで社会を改善する存在となる事を目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部上場。2019年2月期売上高421億円。
2016年には、「dip AI.Lab」を設立。日本初のAI専門メディア「AINOW」や日本初のAIスタートアップ支援制度「AI.Accelerator」の運営などを行っています。また、日本における少子高齢化に伴う労働力不足の深刻化とAI・RPA市場の拡大を受け、2019年4月、新たにAI・RPA事業部を立ち上げ、2019年9月には、“誰でも・手軽に・すぐに”導入できることをコンセプトとしたFAST RPA「コボット」を開発・提供を開始しました。

社名:ディップ株式会社
代表:代表取締役社長 兼 CEO 冨田 英揮
本社:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
電話:03-5114-1177(代表)
設立:1997年3月
資本金:1,085百万円 (2019年5月末現在)
従業員数:1,967名(2019年4月1日現在の正社員)※契約・アルバイト・派遣社員除く
事業内容:求人情報サイト「バイトル」「バイトルNEXT」「はたらこねっと」などの運営、看護師転職支援サービス、FAST RPA「コボット」の開発・提供 他
URL: https://www.dip-net.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング