少年エース創刊20周年を記念して、11/24赤羽根健治、松風雅也、人気声優陣による、コミックアテレコライブが開催決定!

PR TIMES / 2014年11月12日 17時58分

角川書店 ブランドカンパニー

今年10月で創刊20周年を迎えたマンガ雑誌「月刊少年エース」。20周年を記念して、11月24日にスペシャルイベントの開催が決定した。イベント内容は、赤羽根健治、松風雅也、照井春佳、斉藤佑圭の人気声優陣が、少年エースの大注目作品『マンガヤ(著:ツガノガク)』をフィーチャーした豪華アテレコライブ! 更に、アテレコライブのほかにも、喜屋武ちあきが司会を務める「マンガヤ」から見る出版業界の裏話や少年エース作品の話などのトークライブや、出演者サイン入りコミックスほか豪華記念品が当たるプレゼント抽選会や入場者全員プレゼントもあるスペシャルイベントとなっている。



 


 今年10月で創刊20周年を迎えたマンガ雑誌「月刊少年エース」。20周年を記念して、11月24日にスペシャルイベントの開催が決定した。イベント内容は、赤羽根健治、松風雅也、照井春佳、斉藤佑圭の人気声優陣が、少年エース連載中の大注目作品『マンガヤ(著:ツガノガク)』をフィーチャーした豪華アテレコライブ! しかも、「マンガヤ」は記念すべきコミック第1巻が11/26に発売されるという新作だ。その新刊の発売直前になんと、人気声優がアテレコライブを披露するという、ひと足先にアニメ化の気分が味わえてしまう、業界内でもあまり例のないイベントとなる。
『マンガヤ』の主人公は、コンスタントに「お金」を稼ぎだす職業漫画家「漫画屋」を目指す高校2年生の架ヶ崎ケイ。隅川書店への持ち込みを成功させた翌日、ケイはクラスメイトの舞燈アヤに商業誌で“一千万部”を出す勝負を持ちかけられて…!! マンガ業界にまつわるリアルなエピソードをふんだんにもりこんだ“KADOKAWA的マンガの金と現実!!”と銘打つ大注目作品だ!
 作者は『涼宮ハルヒの憂鬱』や『時をかける少女』など、KADOKAWAの人気作品のコミカライズを手がけてきたツガノガク。『マンガヤ』は人気、実力ともに定評のあるツガノが描いた初のオリジナル作品となる。
 アテレコライブでは、主人公の架ヶ崎ケイを赤羽根健治が、クラスメイトでケイのライバルとなる舞燈アヤを照井春佳が、ケイの担当編集者となる岡啓二を松風雅也が、そして、ケイと同い年でありながら、すでに連載が決まっている有望女性作家、於田島レンリを斉藤祐圭が演じ、業界内でも例のないイベントを盛り上げる!


 更に、アテレコライブのほかにも喜屋武ちあきさんが司会を務める『マンガヤ』から見る出版業界の裏話や少年エース作品の話などのトークライブや、出演者サイン入りコミックスほか豪華記念品が当たるプレゼント抽選会を実施。また、イベント入場者全員に「少年エース20thプライズA5ノート(非売品)」をプレゼント!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング