パナソニックが世界最大級のデザイン見本市「ミラノサローネ2014」に出展~展示コンセプトは「SLIDING NATURE」。住環境と自然が融合した、呼吸する家を表現~

PR TIMES / 2014年2月12日 14時5分



パナソニック株式会社は、日本での住宅建材・設備や電設資材分野で業界をリードする強みを生かし、先進的デザインや次世代の暮らしのあり方を提案する活動として、2008年からミラノサローネにパナソニックの住宅関連製品を用いて、空間プレゼンテーションを行ってきました。7年連続出展となる2014年は、「SLIDING NATURE」をコンセプトとして、住環境と自然が呼応する空間を大型引戸とLED照明を用いて表現します。会場展示の構成を手掛けるのは、建築、インスタレーション、インテリアなどの幅広い分野で活躍するトラフ建築設計事務所です。パナソニックは本展示会の出展を通して、パナソニックならではの最新の技術と日本古来の住文化(知恵)を融合させた自然と共生する新たな空間価値をグローバルに発信します。また、隣接会場では、ビジネスユーザー(B2B顧客)向けにキッチン部材などに関する展示を行います。

▼「ミラノサローネ2014」特設サイト
http://panasonic.net/milanosalone
▼2014年2月12日プレスリリース 世界最大級のデザイン見本市 「ミラノサローネ2014」に出展
http://www.panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/02/jn140212-4/jn140212-4.html

■展示コンセプト「SLIDING NATURE」について
日本の住宅は、古来より「ふすま」や「障子」などの引戸を活用して、心地よい風を通し、柔らかな日の光を導き、また、景色を楽しむなど、自然がもたらす恩恵を上手に取り込んできました。
パナソニックは、省エネ家電製品に加え、太陽光発電パネル、蓄電池などの住宅設備機器を活用した「アクティブ」エネルギーマネジメント(以下、「アクティブ」エネマネ)と、住宅の躯体(構造体)や断熱材などを活用して、自然の恵みを効率的にコントロールする「パッシブ」エネルギーマネジメント(以下、「パッシブ」エネマネ)を組み合わせたエネルギーマネジメント事業を展開しています。
今回の展示では、心地よい風や光といった自然の恩恵に対しては空間を開き、暑さや寒さなどに対しては空間を閉じるという「パッシブ」エネマネのコンセプトに基づく「引戸」と、暮らし方に合わせた光の演出により空間価値の向上と省エネ化を同時に実現する「アクティブ」エネマネの構成要素「LED照明」を組み合わせ、住まいや人の暮らしと自然との新しい関係性を「SLIDING NATURE 」として提案します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング